肩こり

記事はお役に立ちましたか?シェアは以下のボタンからどうぞ!

肩こりは肩が重くて痛い

image (7)
荻窪界隈にお住みの方で肩こりの辛さにお悩みの方、荻窪駅徒歩4分にあるあんさんぶる治療院で根本的な肩こり治療を受けてみませんか?

肩こり改善の口コミ

women  

左頭痛と耳なりがあり、胃腸も弱くて御医者さんから過敏性腸症候群と言われておりました。これに伴い首や肩もこる状態でした。

80代・女性

御陰様で、家事も出来るし、食事も大分頂ける様になり、二週間に一度の治療ですがここまでよくして頂き感謝しております。頭痛や耳なりも快くなり毎日元気で生活出来ております。

※得られる結果には個人差があります

院長より

かなり細身で、気苦労は多い感じのおばあさまです。

中医学的な診断だと、

脈:弦

舌:暗紅、裂紋、白苔、一部剥離

症状と一致しております。

鍼灸にて、施術

委中・大椎・肝兪・脾兪・腎兪・左大腸兪・右陽陵泉・右太谿

2診後から、腸の状態も落ち着いてきました。

4診後から、体重は増えないが元気になってきました。との事。継続で治療を行っています。

肩こり施術なら

杉並荻窪あんさんぶる整体鍼灸院(鍼灸整体)


men    首痛・肩こり

首痛肩こり

30代・男性・会社員

痛みそのものの解消だけでなく、体の左右バランスも改善しました。

筋肉の使われ方や構造の解説、ストレッチの方法も教えていただき助かっています。※得られる結果には個人差があります

院長より

学生時代は野球をやっていた方です。症状としては、首・肩・背中のこり、耳のつまり感、疲れやすい、頭が重くめざめやすい、ゲップが多く、下痢しやすい。どちらかというと肥満型の方です。

初診時は左の傾き左の捻じれが強く、首肩の症状は右のみ痛くなるとおっしゃっていました。

バランスを補正する為、いつも右を使っている為と、診断し、バランス整体で施術。施術後症状がかなり消失したので、2週間後の来院。

2回目で症状少し残る位との事で、同じように施術。ねじれの向きが変わり身体の変化している事がわかりました。

3回目以降は症状がひどくなる前に来院してください。と伝えて治癒と致しました。

肩こりなら

杉並荻窪あんさんぶる整体鍼灸院(鍼灸整体)


women  452首肩がいたくて日常生活もつらいほどでした

首肩がいたくて日常生活もつらいほどでした。

 40代・会社員・女性

首肩の痛みを気にせず、体も軽くなりました。生活も仕事もしやすくなりました。今まで何もする気にならなかったので、良かったです。 

痛みの原因から改善してくれます。体質改善やアドバイスもいただけて他と違うと思います。

※得られる結果には個人差があります

院長より

首肩背中が硬直して仕事が辛いと来院されました。

ストレートネック状態、食欲もなく、疲れるとの事。脈や、舌を診るとかなり身体が虚している状態でした。

鍼灸は初めてとのことで、初回はバランス整体で治療。

症状はかなり良いとの事でしたが、鍼灸も一案です。と説明。

2日後来院、1日はよかったが、起床すると首肩が駄目。との事。

整体しんきゅうに治療法を変更して施術。目の前が明るく楽になったとの事。

寝具、とくに枕の指導をして、10日後来院、かなり楽で久々に仕事も集中できたとの事。

現在、1~2週間位での定期的な来院をされています。

肩こりなら

杉並荻窪あんさんぶる整体鍼灸院(鍼灸整体)


women  6年前の事故によるムチウチにより右肩が常に痛く、体がだるく疲れがぬけない状態でした

6年前の事故によるムチウチにより右肩が常に痛く体がだるく、疲れがぬけない状態でした。 

20代・女性

治療後はダルさもなく2日間くらいはうそのように痛みとだるさがとび、体が軽くなりました

今まではりや整体に通ってきましたが、その時は楽になるのですがすぐ痛みが出てきたり、ダルさが(もみかえしによる)出ましたが、あんさんぶるさんでは一切そういった事なく体が楽になりました。

※得られる結果には個人差があります

院長より

6年前に交通事故によりムチウチになり、それから右肩の痛みが常にあり、他院で整体や鍼灸や、痛み止めなど色々試したがあまり効果が無かった方です。

頚肩の痛み以外に、頭重、動悸、心臓や胸が苦しい、腰や腹が冷えるが、のどが渇く、疲れやすい。

初診時のバランスは左側屈左ねじれが強く、右肩甲骨が異常に筋緊張により隆起していました。

鍼灸にてバランスだけの処置致しました。

1週間後来院、バランスが右側屈、右ねじれに変化し、右肩の隆起がかなり消失していました。

バランスを診ながら定期的に来院されています。

肩こりなら

杉並荻窪あんさんぶる整体鍼灸院(鍼灸整体)


women  

首肩腰

首・肩・腰

40代・女性

少しは良くなった

※得られる結果には個人差があります

院長より

他院にて鍼灸治療を受けていたが、あまり変化なく来院されました。

初診時のバランスは左右側屈、左右ねじれ共、かなりの制限があり動かない感じです。数か月前にバイク事故で右の頚を痛めているのも関係していると思います。

整体にて治療、治療後身体の軽さを感じるとの事。

2週間後に来院、頚肩腰が痛むとの事。

その後も整体で2週間に一度の間隔で治療継続中。側屈、捻じれ共やや改善してきましたが、まだまだ制限は強いと思います。ただ前傾姿勢が改善されてきたので、体力の持ちがよくなってきました。

肩こりなら

杉並荻窪あんさんぶる整体鍼灸院(鍼灸整体)


women   3.4年前から肩首こりでひどくなり腕のしびれや顔、眼も痛くなった。

 

3.4年前から肩 首こりでひどくなり、腕のしびれや顔・眼も痛くなった。

 40代・休職中・女性

 一回でいつぶりかと思うくらい楽になりました。まだ症状はもどってしまうけど、今までと違う。

今まで、いろいろ病院に通ったけど、満足いく結果がなく辛かった。あと、いろんな症状など話が通じるので安心です。

※得られる結果には個人差があります

院長より

初診時、ほんとうに辛そうな状態で来院されました。施術の感想を記入していただきましたが、手の震えがあり、文字が揺れています。

ほぼ全身、そして症状が右半身全部で、日によって左半身全部に変わるとおっしゃっていました。

今まで、整形外科、整骨院、カイロで矯正、気功、エレキバンのような物を貼る治療法・・etc

色々試し、「日によって痛みが左右入れ替わるなんてわからない。」と言われたそうです。

血液検査、MRIとくに異常なし

既往歴:頚椎ヘルニアC4,5

テレビで見た、胸郭出口症候群では?と思うとのこと。

初診時バランスは右への側屈・回旋がひどく、肩の巻き込みも強い。

脈:沈

目覚めやすく、頭重、腹脹、胸痛、手足冷、口渇、疲労倦怠、手足浮腫、便秘ぎみ

鍼灸施術・大椎・陽陵泉・合谷・太谿

2日後来院

治療院帰りからいい感じ!との事。いつぶりかと思う位楽だった。痛みの感じが左に移ってきた気がする。

継続にて治療中

肩こり

杉並荻窪あんさんぶる整体鍼灸院(鍼灸整体)


women  

とんでもなく頑固な便秘、水が溜まって痛む膝、慢性的な首・肩の凝り、日常的な身体の倦怠感、両手のバネ指、岩盤のようになった足裏の魚の目、視力低下、しょぼつく目、天使の羽のように出っ張ってしまった右肩胛骨

60代・女性 鍼を愛する人

西洋医学の世界では「加齢による」と一言で片付けられてしまい、症状の回復等無理であろうと思われた。

ところが回復不可能と諦めていた数々の症状が古田鍼に出会いどれもこれも見事に解消していったのにはビックリ!

膝は3回の治療で元通りに、0.9まで落ちた視力は1年後には1.5に戻り、生涯続くと思われた便秘との戦い、今ではあんなに世話になった便秘薬よサヨーナラ状態でまるで夢のよう、魚の目もどんどん小さくなり出張った肩胛骨は徐々に元の位置へ戻っている最中、指の屈伸も滑らかになり夢が現実となった思いで超しあわせ!

症状に合わせて鍼灸・整体・マッサージを折り混ぜての院長の治療は優れた技とお人柄が反映されたていねいで誠意あるものです。

これからもず~っとお世話になります

※得られる結果には個人差があります

院長より

かなり身体の歪みが強く、それにより色々な症状が出ている典型的な状態でした。

まず、前後差を出来るだけなくすように鍼灸にて施術、陰経の流れを良くしていきました。それにより、便秘・眼の症状が落ち着いていったと思います。

膝に関しては、半月板損傷がございますが、アライメントを整え、過度な使用を控えてもらったのが良い結果に繋がりました。

ばね指に関しても、お灸と鍼を行い症状消失。

魚の目は火鍼にて治癒。

肩こりや腰痛などは仕事による疲れが溜まる為、継続にて治療中。

肩こりは

杉並荻窪あんさんぶる整体鍼灸院(鍼灸整体)

(1)現代医学的な鍼灸の考え方

項部から肩甲上部,肩甲間部に及ぶ範囲の主観的に詰まったような,こわばったような不快な感じを総称したものである.
肩こりは,日々の生活の中での単純な疲労として最も日常的にみられる症候であるが,頚椎疾患をはじめ,耳鼻科,眼科,歯科疾患,さらには内科疾患からいわゆる不定愁訴(更年期障害,自律神経失調症)にいたるさまざまな病気の主訴として訴えられることがある.

A・注意すべきもの
各科領域疾患で,専門医の処置を緊急に要する器質疾患の存在が疑われるもの.

B・適応となるもの
最も多くみられる,日常的な身体的・心理的疲労に起因する肩こりが鍼灸治療の最適応症となる.

〔病態〕
過剰使用による筋疲労,精神的緊張,自律神経の影響など機序は複雑に入り組んでいる.

〔症状〕
頚肩部や肩甲間部にこわばった不快感を感じるものから痛みにいたる症状を訴える.
強くなると,頭痛や顔面痛,上肢痛などの関連痛を生じる.

〔所見〕
愁訴部の圧痛や筋硬結以外に特徴的な所見はない.

〔治療方針〕
頚肩部,肩甲間部の圧痛や硬結が第一の治療点となる.精神安定や自律神経調整などが必要な場合もある.
〔処方例〕
天柱,風池,肩井,膏育,身柱
このほか,頚椎症やいわゆる不定愁訴なども適応になる.また,内科疾患,耳鼻科,眼科,歯科疾患などが基盤にあっても,原因疾患が軽症のものは対症的に適応になる.

(2)東洋医学的な鍼灸の考え方

肩こりとは頚項部から肩部にかけての不快感,重圧感,こり感を主とする症状である.疼痛や圧痛を伴うものもある.

A ・ 分 類
肩こりは背部に寒邪をうけたり,筋肉の疲労,精神的・肉体的過労,眼精疲労などにより起こる.また婦人科疾患,高血圧症,低血圧症,動脈硬化など多くの疾患にもみられる.東洋医学では,その原因の違いにより次のように分類している.
①風寒の邪による肩こり……風寒の邪が太陽,陽明経に侵襲し,そのために営衛の運行が悪くなり,頚肩部の経脈が拘急すると肩こりが起こる.
②肝陽の冗進による肩こり……陰虚のために肝陽が冗進し,頭頚部に上衝すると肩こりが起こる.
③肝血の不足による肩こり……眼精疲労や病後,産後により血虚となり,そのために頚肩部の経絡がうまく栄養されず,拘急すると肩こりが起こる.
④寒飲による肩こり・・・…平素から胸隔部に寒飲が停滞していて,そのために胸部の陽気がうまく動かないと背部に重圧感や拘急が起こり,頚項部にも波及する.
⑤気滞血於による肩こり……情志の失調などにより肝の疏池機能が悪くなり,そのために肩部の血行が悪くなると肩こりが起こる.また長時間の不良姿勢や外傷などにより肩部局所に気滞血於が生じて起こるものもある.

B ・ 鑑 別
③は虚証であり,その他はすべて実証である.

①は風寒の邪による悪寒などの表証を伴う.

②は高血圧症によくみられ,肝陽の冗進によるめまい,口苦,目の充血,顔のほてりなどの症状を伴う.

③は眼精疲労や目の乾き,めまい,心悸などの血虚による症状を伴う.

④は寒飲による胸悶,喘息,めまい,軽度の浮腫などの症状を伴う.

⑤は気滞血於による胸脇苦満・癌痛,よく溜め息をつく,月経不順などの症状を伴い,情緒の変化や月経前後に増強するものもある.

C・主な病証
A)虚証例<肝血虚による肩こり>

〔病態〕
肝は筋を主っているが,肝血虚のために頚肩部の経絡がうまく滋養されないと,筋の柔和性が失われ拘急して肩こりが起こる.また肝血虚による眼精疲労,目のかすみ,目の乾き,視力低下などの症状を伴いやすい.頭顔面部の血が不足すると,顔色は黄色くつやがなく,めまいなどの症状が起こる.

〔症状・所見〕
①主要症状……肩こり
②舌脈所見……舌質淡,舌苔薄,脈細
③随伴症状…・・・めまい,眼精疲労,目のかすみ,目の乾き,顔色は黄色くつやがな

〔治療方針〕
血虚の改善をはかりながら,局所に対処する.主として督脈穴,足太陰経穴,局所穴を取穴し,鍼にて補法を施す.
〔処方例〕
至陽,天柱,肩井,三陰交,血海

B)実証例<気滞血於による肩こり>

〔病態〕
肝の疏池機能の失調により局所の気のめぐりが悪くなると,その部位の血行も悪くなり,経絡が拘急すると肩こりが起こる.気滞による胸脇苦満・痩痛,よく溜め息をつくなどの症状や気滞血於による月経不順などを伴いやすい.

〔症状・所見〕
①主要症状……肩こり
②舌脈所見……舌質暗紅または紫,於点や於斑を伴う,脈弦滑
③随伴症状……気分がふさぐ,怒りっぽい,胸脇苦満・痩痛,月経不順
〔治療方針〕
気滞の改善をはかり,血行の改善を促す.主として督脈穴,足厥陰経穴,局所穴を取穴し,鍼にて瀉法を施す.
〔処方例〕
至陽,肩井,隔兪,太衝,陽陵泉


記事はお役に立ちましたか?シェアは以下のボタンからどうぞ!

ブログの更新情報はこちらで配信中