頭痛

記事はお役に立ちましたか?シェアは以下のボタンからどうぞ!

頭痛

image (1)

緊張型頭痛・・・肩コリと、ギューッとしめつけられる痛み

整体や鍼灸で一番効果をだせる頭痛と思います。

緊張型頭痛の特徴

・圧迫感、重い感じ、頭が締め付けられるような痛み
・後頭部やこめかみが痛くなる頭痛
・首コリや肩コリや目の奥が痛くなる

緊張型頭痛の原因

筋肉が緊張することから痛みが起きます。その原因の多くは無理な姿勢をキープすること以外に下記のようなことがあります。
・ふだんの姿勢の悪さ
・首の骨などの骨格・体型の歪み
・首や肩のコリ、緊張
・目の疲れ、歯の噛み合わせ
・ストレスや精神的な緊張

緊張型頭痛のセルフケア・予防法

症状の予防・軽快のためには、原因となる筋肉の緊張を解消すること、起こさせないようにすることです。
姿勢を正しくする(丹田を意識します。)
骨格・体型の歪みを改善する
枕を正しく選ぶ
ストレスコントロール
・痛くなったら
入浴や、こっている部分をホットパックなどで温める
ストレッチでこりをほぐす
薬(鎮痛薬は効果が得られない場合が多い)

片頭痛・・・ズキン、ズキン脈とともに痛む!

片頭痛の特徴

・拍動性(脈拍に合わせてズキンズキン)
・頭の片側が痛む(両側の場合もある)
・痛みのピークに吐き気がすることも
・前兆がある場合も 閃輝暗転(星がチカチカ)、視野が欠ける、生あくび、肩こり、首すじのはり
・身体を動かすと痛みが強くなる
・遺伝することが多い

片頭痛の原因

血管が広がることにより周りの神経に影響を及ぼし片頭痛が起きます。
・睡眠不足など生活リズムの乱れ
・緊張状態から開放されてホッとしたとき
・雑踏・人ごみ
・熱いお風呂、サウナ
・月経(女性ホルモンの影響)
・アルコールや特定の食品(チョコやチーズ)
・休日のぐうたら・寝すぎ(過度のリラックス)  など
いずれも誘引から自律神経に影響して、血管の収縮・拡張のリズムが乱れて頭痛が起きると思われます。

片頭痛のセルフケア・予防法

自分の痛みを誘う誘因を避ける
規則正しい生活をして自律神経の働きを整える
痛くなりそうな時に冷やして安静にする
予防薬(発作回数が少ない人や鎮痛薬がよく効く人には必ずしも必要なものではありません)
・痛くなったら
暗い静かな部屋で安静にする(光、音は避ける)
こめかみや痛む部分を冷やす
こめかみや痛む部分の血管を圧迫する
鎮痛薬(病院や市販の薬)

群発頭痛・・・強烈な痛みがあ周期的な強烈な頭痛

群発性頭痛の特徴

・慢性頭痛で最大級の強烈な痛み。目の奥がえぐられるよう、じっとしていられない
・決まった片側が痛む 特に目の奥が痛い
・持続時間は1~2時間 ある期間だけ周期的な頭痛
・直前に目のかすみ、首のはりなどの前触れがある
・目の充血、涙目、鼻水などの自律神経症状を伴う
・男性が圧倒的に多い

群発性頭痛の原因

原因は不明。こめかみの血管拡張がおきているためといわれています。また流涙や鼻水の症状から自律神経から異常な命令が出ているためともいわれています。
アルコール、ニトログリセリンで誘発される場合があります。

群発性頭痛のセルフケア・予防法
群発期を予測して予防薬を飲む
鎮痛剤
群発期はアルコールを避ける
発症時は動けないほどなので、治療院どころではないと思います。症状がないときに身体の状態を整えることが必要と思います。


慢性頭痛のほとんどは「機能性頭痛」である。「機能性頭痛」は、脳や全身の重大な病気が原因となっている「器質性頭痛」ではなく、生命の危険はないが、かなり強い頭痛が繰り返し起こるため、日常生活に支障をきたすことが少なくない。

頭痛の原因は、外からの害になる刺激(風寒暑湿などの外因)や我々の体内に異常(内因)があって頭部の経絡の流れに障害をきたしたために起こる。
東洋医学の立場から頭痛を治療するためには、

①経絡に異常をきたす外邪(風寒暑湿)や内因(臓腑や気血水の異常)などの病理的な側面と、

②全身を巡る経絡から見た側面とに分けて考えたほうが理解しやすいように思われる。

病理的な立場から頭痛の原因を考えると、外からの刺激(外邪)と体内の弱点(内傷)とによって頭痛は起こる。いくら外界からの強い刺激があっても体内にそれを受け入れる弱点がなければ頭揃は起こらない。

頭痛のある患者は外邪を受け入れざるをえない体内の問題があるか、体内に異常をきたした場合に発病することになる。外部からの邪気(風寒、風熱、風湿等)の侵入により経絡が阻害を受け、気血の順調な連行が妨げられて頭痛が起こる。
つまり「通じざれば則ち痛む」ことになるのである。
また内傷による原因(体内に原因がある場合)では、痰湿、瘀血、肝陽上亢、気虚、腎虚などの臓腑の機能のアンバランスにより気血の流れが障害され、または頭部への栄養の補給が障害され、経絡の流れが塞がり、頭痛が起こると考えられている。

例えば、風邪を引くと寒邪や熱邪が体内に侵入することになる。これらの外邪によって頭部の経絡の流れが障害されるので頭痛が起こる。湿を体内に多く持つタイプの人は湿により頭部の経絡の流れが障害されるので頭痛が起こる。また体内に気虚や気滞があると頭部に気血が十分に注がれないので経絡の流れに支障をきたし頭痛が起こることになる。感情が抑圧されたり、また激情も頭痛の原因になる。頭部に流れる血がうっ滞しても頭痛が起こる。
女性は生理的に瘀血を生じやすいので、頭痛は女性に多く起こりやすく、特に生理時に頭痛を伴うことが多い。
治療に際してはこれらの原因も治さないと、また再発することになる。

2.経絡から見た側面
次いで経絡の側面から見ると、“頭部は諸陽の会合するところ”である。
太陽、陽明、少陽などの手足の陽経、また五臓の精血と六脈の精陽の気も頭部に集中している。頭部は経絡が複雑に絡み合っている部位であり、五臓六腑の経気が多く注ぐところであるので、それらの臓腑の異常がすぐ影響するため頭痛の発生頻度も多くなるわけである。
障害された経絡の部位によって痛む場所が前頭部、側頭部、頭頂部や後頭部などと、一定の傾向がある。そこを循経している経絡を治療すると痛みは改善される。

women hidarizutuumiminarikabinseityou

左頭痛と耳なりがあり、胃腸も弱くて御医者さんから過敏性腸症候群と言われておりました。これに伴い首や肩もこる状態でした。 80代・女性

御陰様で、家事も出来るし、食事も大分頂ける様になり、二週間に一度の治療ですがここまでよくして頂き感謝しております。頭痛や耳なりも快くなり毎日元気で生活出来ております。

※得られる結果には個人差があります

院長より

かなり細身で、気苦労は多い感じのおばあさまです。

中医学的な診断だと、

脈:弦

舌:暗紅、裂紋、白苔、一部剥離

症状と一致しております。

鍼灸にて、施術

委中・大椎・肝兪・脾兪・腎兪・左大腸兪・右陽陵泉・右太谿

2診後から、腸の状態も落ち着いてきました。

4診後から、体重は増えないが元気になってきました。との事。継続で治療を行っています。

頭痛の施術なら

杉並荻窪あんさんぶる整体鍼灸院(鍼灸整体)


women 左頭痛と耳なりがあり、胃腸も弱くて御医者さんから過敏性腸症候群と言われておりました。これに伴い首や肩もこる状態でした

 

背・肩・腰の張りから頭痛まで(慢性的)練習後の手足の筋肉痛。 40代・女性・バドミントン

体の左右のバランスがよくなり、疲れにくくなった。運動後の違和感も軽減しました。

具体的にいろいろなお話をしてくださって、納得のいく治療が受けられます。

※得られる結果には個人差があります

頭痛の施術なら

杉並荻窪あんさんぶる整体鍼灸院(鍼灸整体)


men 674

首、腰、肩の痛み、頭痛も出てきた。 50代・男性・会社員

頭痛が和らいできました。 体も軽くなりました。

対処療法ではなく根治していただけると思います。

※得られる結果には個人差があります

頭痛なら

あんさんぶる治療院


スマホ限定割引

荻窪鍼灸整体院の限定割引 鍼灸or整体 1日2名限定
3,980円
通常は、初回8,700円ですが、インターネット限定で1日2名まで初回3,980円で施術いたします。
学会での、症例発表に必要なため、かなりの割引で診察させていただいております。
たくさんの人に良くなって欲しいと思っていますが、既存の患者さまの都合上、1日2名までとさせていただいております。ご了承ください。
適応条件あり、詳しくはこちら
荻窪鍼灸院整体院の問合せ

杉並荻窪あんさんぶる整体鍼灸院(整体鍼灸)


9:30~13:30、15:30~19:30(日祝 9:30~13:30、14:30~17:00)
当日最終受付:終了1時間半まえ
月曜・金曜休診

記事はお役に立ちましたか?シェアは以下のボタンからどうぞ!

ブログの更新情報はこちらで配信中