鍼治療を二年間 週一で通ってます 肩こりや更年期ですが頻度が多く長期すぎませんか?

記事はお役に立ちましたか?シェアは以下のボタンからどうぞ!

hariqq

鍼治療を二年間 週一で通ってます 肩こりや更年期ですが頻度が多く長期すぎませんか?

Yahoo!知恵袋の回答↓

それは、担当の鍼灸師に言うべきじゃないですか?向こうは、来るからやる、みたいな感じだと思いますよ。

私も最初は週一通いましたが、金銭的に無理なので、回数を減らしたい、と言いました。そしたら、むしろじっくりやってくれるようになりました。

あなたが週一を望んでいるかどうか、それを鍼灸師が把握しているか、ですね。


はりきゅう知恵袋がお答えします解決済み

まずは、2年間も週1で通院している事に驚きです。

長期過ぎませんか?

と質問しているとこをみると、疑問を感じていますよね?

Yahoo!知恵袋の意見も間違っていませんが、私の意見としてはこうです。

あんさんぶる治療院では、通院のプラン、施術のプランを最初にお伝えしています。

◯◯の状態だから、△△にする必要があります。

そのためには、最初の2回は週に一度来院してください。

3回目からは変化にもよりますが、2週間に一度になれば良いでしょう。

メンテナンスに関しても、◯◯さんの場合は、◯◯日に一回で良いでしょう。

と、お伝えしています。

私に、神技はありません

バランスの検査をして悪い状況の身体を、1,2回で治す腕はありません。そういう方には「悪いですね。」と正直伝えています。

時間はかかるけど、「治せる自信があるからこそ」しっかり伝えられる事だと思っています。

そこで短期間で治ると思っていた人は、通院しなくなります。

無駄に通院させるよりは、よっぽど良いと思っています。

しかし、バランスが悪い人を1,2回で治す治療院があるかは不明です。

質問者さんの鍼灸院の場合、残念ながら患者さんへの指導が全くないと言えます。

駅前のクイックマッサージ店と、何ら変わりがありませんね。

鍼灸治療のゴールは、「治癒」です。

質問者さんの鍼灸の先生が、治すために頑張っているならプランを提示してあげないといけません。

そして、手に負えない疾患ならその旨をお話して、今後どうするか対応するべきでしょう。

もし、「来るから鍼をする」という鍼灸院なら最低です(-_-)

患者さんはいつも不安ですよね

患者さんはどうして痛くなったのか、どうして肩が凝るのか解らない事だらけですよね。

治療のペースや、セルフケアの方法などは全くわかりませんよね。

あんさんぶる治療院では、鍼灸師の役目として、適切な指導が良質な治療の1つだと考えています。

  • 腰が痛いのに、「腹筋と背筋が弱いから腹筋運動とスクワットをしなさい」と言われた患者さんがいます。(実話)

  • テニスをやっている学生さんに、前腕の内側(肘から手の内側)を触って「硬く緊張しているから将来呼吸器疾患に気をつけなさい」と平気で言う鍼灸師もいます。(これも実話)

※前腕の内側には肺に関係するツボの流れがあります。

どちらも状況判断が出来ていない、情けない鍼灸師がいるという事実です。(あっ僕じゃないですよ(汗))

今の時代、インターネットでかなりの事を調べられます。

解らない事があれば、担当の鍼灸師に聞いてください。

その場で納得できれば良いですが、「?」が残る場合は、調べてください。

とくに、東洋医学オンリーの鍼灸院だと「陰陽」とか、「五臓六腑」の話が出てくるでしょう。素人には意味不明なことでしょう。しっかり質問してください。

通院する価値があるかどうかの判断が、ある程度できるでしょう。

まとめ

通院の頻度などは患者さんから聞くのでは無く、担当の鍼灸師から最初に指導されるのが当たり前です。

通院の指導などに疑問が残るなら、患者さんから質問しましょう。

疑問が解消されないのなら、治療院を変えるべきです。

井の中の蛙状態の鍼灸師は残念ながらたくさんいます。

出来ない鍼灸師の見分け方は、「質問」です。

インターネットで調べればかなりの事がわかります。

「東洋医学の事はどうせ解らないだろう」と、高をくくっている鍼灸師は、残念ながら多いのが現状です。

ベストアンサー

おすすめ記事

便秘に悩んでいる人は多いですね。漢方薬で便秘が治ります。くわしくはこちらをご覧ください。>>防風通聖散の効果はあるよ!痩せない理由や副作用を漢方医に学んだ鍼灸師が解説

防風通聖散の効果はあるよ!痩せない理由や副作用を漢方医に学んだ鍼灸師が解説

スポンサーリンク

記事はお役に立ちましたか?シェアは以下のボタンからどうぞ!

ブログの更新情報はこちらで配信中

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です