水パニック ベクレルとシーベルト

記事はお役に立ちましたか?シェアは以下のボタンからどうぞ!

こちら、あんさんぶる治療院です。

東京都が23日に発表した。葛飾区にある金町浄水場で採取された水道水から乳児の摂取に関する暫定指標値の2.1倍の放射性ヨウ素が検出されたとニュースになり、パニックになっている状態です。

ここでもう一度知識を整理しませんか?

まずこちらの表

シーベルト:放射線が人体に与える影響の度合い
ベクレル:放射線を出す強さの単位

東京新聞24日付朝刊より

シーベルト:放射線が人体に与える影響の度合い
ベクレル:放射線を出す強さの単位

今回発表された210ベクレルは乳児の安全基準1リットルあたり100ベクレルを超えたという事。
大人は1リットルあたり300ベクレルが基準値

結論
大人は関係ありません。無駄な買い占めは止めましょう。印象だと若い人は冷静な感じですね。中年以降の方の買い占めが多い気がします。孫の為に・・・であって欲しいです。

数値の話
表をみればわかりますが、今回検出された放射性ヨウ素を大人基準の300ベクレルをシーベルト換算すると
300ベクレル→0.0066ミリシーベルト

胸部X線が0.05ミリシーベルト
年間自然に浴びる放射線量が2.4ミリシーベルト
胸部X線CTが6.9ミリシーベルト

結論
一日1リットルを飲み続けると総計2.409ミリシーベルト約2.4ミリシーベルト

安全と安心は違うと思いますが、乳児と小さい子、妊婦さん優先に水が行き渡る様に願うのみです。

スポンサーリンク

記事はお役に立ちましたか?シェアは以下のボタンからどうぞ!

ブログの更新情報はこちらで配信中

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です