手の水疱が痒い手のひらがかゆい

記事はお役に立ちましたか?シェアは以下のボタンからどうぞ!

春になると指に小さい水疱やイボ?ができる方いませんか?
その水疱が異常に痒くなってしまう。。

皮膚科の疾患で掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)というらしく、塗り薬などが処方されるようです。

意外と悩まされている方は多く、私も高校生の頃はでていた記憶があります。

img_0 (21)

中医学的には

1.湿熱による水疱
手掌・足蹠に密集する大小の水疱or膿疱が発生。水疱が主体で、融合拡大し、潰れたあとびらん面をのこし、乾燥すると大きな落屑を生じ、水疱は各所に出没する。

2.毒熱の水疱
手の指や手掌が赤くなり、その後、大小の膿疱が生じ、広がっていく。同時に発熱・悪寒・口乾・便秘・尿が濃い場合がある。舌質黄、脈洪数or細数

3.脾虚湿盛の水疱
はげしい痒みを伴い、発赤はなく、破れるとびらん面を呈し、乾燥すると落屑し、疲労倦怠感、腹満、軟便の場合がある、舌質はぼってと太く、苔はベトっしている。脈緩。

4.湿毒の水疱
痒みがつよく、温めると憎悪し、破れると浸出液が流出、次第に拡がり、水疱、膿疱が乾燥し、角化し鱗屑は生じ、指股のびらんor爪の変形を伴う時がある。

主に湿(湿気や、甘い物、炭水化物の多食)と関係している場合が多い、五行論だと春は木に配当、湿は消化器の脾臓と関係し、脾臓は土に配当、木克土(木が土を克す)の関係から春に多いのではないかと思います。
皮膚科だと塗り薬での対処療法が主だと思いますが、漢方や鍼灸でも効果を期待できる疾患です。
自宅で手軽にできるお灸を試すなら陰陵泉がおすすめです。

CA370095

あと十分な睡眠と、甘い物(白砂糖、冷たいジュース)、炭水化物は控えましょう。甘い物・炭水化物は
糖質になり、最終的に中医学では内湿として体に蓄積されてしまいます。
中医学では内湿として体に蓄積されてしまいます

スポンサーリンク

記事はお役に立ちましたか?シェアは以下のボタンからどうぞ!

ブログの更新情報はこちらで配信中

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です