お線香の消し方、お灸用のお線香、道具へのこだわり

記事はお役に立ちましたか?シェアは以下のボタンからどうぞ!

鍼灸学校の学生さんや、臨床で活躍させている先生方、みなさんどうやってお線香の火は消していますか?

はり師・きゅう師やけど、灸はもっぱらせんねん灸やカマヤミニです。という方も、今の世の中多いのかも。。

せんねん灸
カマヤミニ

私の場合、線香の消火、学生時代は先を「ポキッ」と折っていた記憶があります。これでもいいのですが、次、点火までに時間がかかったり、折った先が飛んだり、意外と危ないものでした。

他には、アル綿や、湿らした布等で、「ジュッ」と消していました。濡れすぎると次がまた点火し辛い。

大量の灰や、土に突っ込めば窒息消火可能ですが、往診には不向きです。

そして、落ち着いた現在の方法は、線香用のキャップをアルミホイルで作成して利用しています。簡単に消火できるし、線香の先で手や他のものが汚れる事もありません。

線香用のキャップ

棒灸の消火方法からヒントを得ました。棒灸は差し込んだ後、しばらく熱いのでヤケドに注意!

棒灸の消火方法

線香のキャップ消火、老眼等で細かいものが見え辛い人には不向きかもしれません。。

学生のみなさん、道具にこだわっていますか?道具に愛着を持つのも良い治療への第一歩と思います。

そして他に良い方法を知っている方がいたら、教えてくださいませ。

スポンサーリンク

記事はお役に立ちましたか?シェアは以下のボタンからどうぞ!

ブログの更新情報はこちらで配信中

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です