うなぎと中医学。薬膳の話

記事はお役に立ちましたか?シェアは以下のボタンからどうぞ!

昨日は、土用の丑の日でしたね。みなさんウナギ食べました?

土用の丑の日で

有名な話として、ウナギを食べる習慣を考えたのが、江戸時代の平賀源内。
もともと、「う」のつく食べものを食べると良いと言われていたのを活用したようです。

しかし、中にはウナギを食べ忘れた人がいると思います。しかし、なんと今年は特別に!(通販風)
8月5日にもう一度、丑の日があります!

そもそも、土用とは、春夏秋冬、それぞれの四季の土用があり、今年なら、7月19日から8月6日の立秋の前日までとなっているので、7月24日と、8月5日になります。少し得した気分??

土用とは、春夏秋冬、それぞれの四季の土用があり、今年なら、7月19日から8月6日の立秋の前日までとなっているので、7月24日と、8月5日になります。少し得した気分??

そてその主役のウナギですが、薬効として、

性味:温(平)・甘
帰経:肝・脾・腎

働き:補肺益胃 (めまい・疲れ・無力・咳・ぜんそく)
強壮筋骨・活血通絡 (足腰無力・痛み・筋肉麻痺・痙攣)

今年の夏も暑いです。前回ウナギを食べた人も食べてない人も、もう一度、食してみては?

スポンサーリンク

記事はお役に立ちましたか?シェアは以下のボタンからどうぞ!

ブログの更新情報はこちらで配信中

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です