呼吸でリラックス 今すぐできるたった2つの方法

記事はお役に立ちましたか?シェアは以下のボタンからどうぞ!

image (132)

調身・調息・調心(ちょうしん・ちょうそく・ちょうしん)

座禅をはじめとして、東洋の行法ではこの3つを基本としています。

身体をととのえ

呼吸をととのえ

こころをととのえる

この3つを整えることで、心身の健康を実感できます。

生まれた瞬間から無意識にやっている呼吸ですが、意識的にやってみませんか?

気功や瞑想、ヨガや太極拳なども呼吸が重要だと思います。

腹息と胸息

赤ちゃんは腹息であるのに、加齢とともに胸息になってしまったり、寝ている時は腹息なのに、日中は胸息になったり、緊張すると胸息、リラックスすると腹息になりやすい。

女性は胸息しやすいとか、吐く・吸うだけでも状態によって違ってきます。

呼吸法といえば昔から丹田呼吸=腹息が尊重されています。

丹田呼吸は横隔膜(焼き肉でいうハラミです。)を使った呼吸だといわれています。

科学的な根拠があるのかは不明ですが、調心・調身を考えると、胸息は緊張しやすく、腹息はリラックスしやすいです。

15625

呼息と吸息

呼吸法において、呼息がいいとされています。

吸息だと活気をもたらしますが緊張してしまいます。

呼息だとリラックスと鎮静をもたらします。

生理学的には

吸息は交感神経支配(戦うときの神経、高揚した状態)

呼息は副交感神経支配(睡眠時、リラックス状態)

深呼吸をするときは、呼気をしっかりできれば吸気は自然にできるので、意識しなくてもだいじょうぶなはずです。

しっかり息を吐き出しましょう。

長息と短息

長息のように、長くやさしく呼気をすることで、精神的な鎮静効果をもつといわれています。

短息のように、一気に強く呼気をすることで、瞬発的な力が発揮されるといわれています。

気力が充実した状態だとかめはめ波もできるかもしれません。

開息と閉息

開息とは息を止めない。

とくに呼気において、吐き切ったところで吸気に変わるのですが、その間は止めること無く開いたままにしておきます。

呼気における場合、リラックスと静寂がこころに効くと思います。長息でなおかつ細くゆっくりするとその効果は大きくなります。

閉息とは息を止める。

閉息は一度止めるので、緊張を生みますが、解除したときには普通以上にリラックス感を得ることができます。

その他にも分類はできると思いますが、ヨガや気功などその他の呼吸に関連するものは、上記のことをうまく利用しています。

簡単な呼吸法:1

アリゾナ州立大学のアンドルー・ワイル博士提唱の呼吸法です。ヨガと佛教の数息観を土台にして考案したものです。

  1. ゆったりと座り、まず背すじを伸ばして(背筋で伸ばすのでは無く、お腹側から伸ばす)上半身のちからを抜いてリラックス。
  2. 「1つ、2つ、3つ、4つ」と息を吸う
  3. 「1つ、2つ、3つ、4つ、5つ、6つ、7つ」と息を止めて、気が全身にいきわたるのを待つ。
  4. 「1つ、2つ、3つ、4つ、5つ、6つ、7つ、8つ」で息を吐き出します。

つまり、呼気に吸気の二倍の時間をかけることと、気が全身に巡る間をとるのが特徴のようです。

吸気は鼻から、呼気は口からおこないましょう。

難しかったり、時間が無い方もいると思います。

簡単な呼吸法:2 もっとも基本的なことですが。。すごく重要

例えば立ったままで、正面向いて呼吸をするのと、少し右or少し左向いた方が呼吸が楽にできませんか?

からだの緊張も溶ける感じがすると思います。

良い姿勢は身体に良くない場合がたくさんあります。

人の動き(モノはすべて)3つの動きで構成されています。

・前後の傾き

・左右の傾き

・左右のねじれ

呼吸に関しても、

前かがみor少し上を向く(反る)動作どちらが楽なのか

首や身体を左に傾けるor右に傾ける動作どちらが楽なのか

首や身体を左にねじるor右にねじる動作どちらが楽なのか

この3つの動きを合成すると一番楽なはずです。

楽な姿勢は「機能姿勢」といって、身体の緊張や痛み、こころの問題まで解決してくれると思います。

機能姿勢は最近出た書籍に詳しく書いていました。

人類史上、最もカンタンな“健康法” 「機能姿勢」に気づく本 たった数ミリ動くだけで楽になり、見える世界が変わる!

日々、患者さんには「楽な姿勢」と言っています。猫背だっていいじゃない!

スポンサーリンク

記事はお役に立ちましたか?シェアは以下のボタンからどうぞ!

ブログの更新情報はこちらで配信中

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です