千玄室大宗匠と法華津寛さん二人の共通点それは丹田のチカラ

記事はお役に立ちましたか?シェアは以下のボタンからどうぞ!

茶道・裏千家前家元、千玄室大宗匠(せんげんしつだいそうしょう)のニュースをテレビで見ました。

ニュースの内容より驚いたことがありました。
御歳92歳!

さらに驚かされたことがあります。
とても良い姿勢です。(首は前に出ていますが。。)

ニュースで拝見する限り、猫背にもなっておらず、とても素晴らしい!

経絡の流れがいい

鍼灸治療の理論で経絡というものがあります。

keiraku

鍼灸治療で必ずつかうツボ(穴)というものが繋げるラインです。
経絡という流れの中に鍼灸治療でいうツボが存在しています。

その経絡を鍼灸学校では、主に14本のラインとして覚えていきます。

千玄室大宗匠は督脉と任脉、足の太陽膀胱経と、足の少陰腎経のバランスが
とてもいいと思います。

要するに前と後ろのバランスが良いです。
背筋と腹筋側のバランスです。

もう一人カッコいい姿勢、法華津寛さん

千玄室大宗匠を今回はじめて知りましたが、それまではカッコいい先輩としてはロンドンオリンピック馬術代表の法華津寛さん。

equ12080300180000-p1

ロンドンオリンピックが2012年なので、当時71歳なので現在は74歳だと思います。
この方もとても良い姿勢だったので感動しました。

荻窪にもたくさんいます、猫背が悩みの人たち

荻窪で鍼灸院をやっていますが、いらっしゃる方で猫背になっている方はたくさんいらっしゃいます。

荻窪に猫背の方が圧倒的に多いとは考えにくいので、猫背率は全国で考えると恐ろしい位いるのでは?

猫背の悩みを改善したいと思っている人はやっぱり多いのでしょうね。国から猫背の人というデータは無いのかなぁ。

テレビなどでも猫背矯正・猫背改善方法などやったりしていますが、けっこう大変だと思います。

荻窪にかかわらず、全国の鍼灸院や整体院でも猫背矯正・猫背治療をやっている施術院は多いですが、数回通って猫背矯正できました。って人はいると思います。

ただ、その後通院せずに「数週間・数ヶ月・数年たって猫背になっていません」という人はいないと思います。

鍼灸治療や整体治療ではあくまでも一時的なものと思います。

本人の努力が必要です。

茶道や華道、書道そして古典芸能に共通のキーワード

日本の茶道・華道・書道や、日本舞踊や古典芸能などをやっている方は凛とした良い姿勢の方が多いと思いませんか?

日本の◯◯道に共通しているキーワードがあります。それは

丹田
臍下三寸(指四本分下)

img_1

◯◯道は、丹田をしっかり意識する事をやっていると思います。

鍼灸治療をおこなうときも同じです。学生時代から「丹田で鍼を打て」と言われていました。

鍼灸学校時代には「なんのこっちゃ」と思っていましたが、今現在鍼灸治療や整体治療を行うときに活かされています。

茶道・裏千家前家元、千玄室大宗匠もロンドンオリンピック馬術代表の法華津寛さんに共通しているのが丹田だと思います。

丹田をもっと簡単に理解しよう

丹田というと抽象的すぎてよくわかりませんが、運動選手などが重要視しているインナーマッスルが該当しているはずです。

とくに必要なのが腹横筋。

img0405B15D

【腹横筋の起始・停止】

(起始)
第7~第12肋軟骨、腰筋膜、鼡頚靭帯、腸骨稜らに付着。
(停止)
剣状突起、白線、恥骨らに付着。
【腹横筋の主な働き】
下位肋骨を下に引く。腹腔内圧を高める。
【腹横筋の神経支配】
肋間神経(T7~T16)、腸骨下腹神経(T12~L1)、腸骨鼡径神経(L1~L2)

腹横筋は腹部の深部にある筋肉で、腹圧を上げ体幹を固定し、内臓を正しい位置に収める役割があります。
このことから、見た目的にはお腹が前に出ないように引っ込め、腹部をスッキリさせることに繋がり、機能的には、姿勢の改善・維持に役立ちます。

お腹まわりを腹巻きのようにぐるっとカバーしています。これをうまく利用すると猫背矯正猫背改善はもちろん、腰痛などの悩みも、鍼灸治療や整体治療をおこなわなくても改善していく可能性が高まります。

どうすれば腹横筋を鍛えられるか?

はい、お腹をへっこませておしまいです。それだとあまりにも説明になっていないので、

  1. 呼吸を止めずに、おへそを引っ込める
  2. 腰骨の左右のでっぱりの内側の部分が、硬くなることを確かめる
  3. おへそを引っ込めたまま、30秒間キープ

歩きながらでも、座っている時でもどんな状態でもできるはずです。

反り腰の人にも効果があります。

試しにお腹の意識なしで背筋だけで良い姿勢を作ってみるのと、お腹をへこませてから背筋で良い姿勢にしてみてください。

さっきより、背筋が使えない、背筋が伸びない感じがしませんか?

だけど、誰かに横から見てもらうか、鏡て姿勢を見てください。見た目は十分良い姿勢になっていると思います。

ほとんどの方が、反りすぎている=背中が痛くなってします。

猫背の方も実験してみましょう。

軽く背すじを伸ばしてからお腹をへこませてみましょう。そのまま力を抜かずに猫背にしてみてください。(おへそを見る感じ)

猫背にしにくくないですか?
反り腰も猫背も腹横筋によって体幹が安定しているためです。
千玄室大宗匠は茶道で自然に身につけたので普段からカッコいい姿勢になっていると思います。

法華津寛さんは馬術で人馬一体になるために身につけたものが普段からカッコいい姿勢になっていると思います。

まとめ

カッコいい先輩は共通して猫背ではなく姿勢がいい。

猫背矯正・猫背改善は鍼灸治療・整体治療で矯正・改善できるが一過性。

日本の◯◯道、華道や書道、茶道など共通してあるキーワード、それが丹田。

丹田というと抽象的ですが、インナーマッスルとくに腹横筋を意識してみる。

腹横筋は姿勢の矯正以外にも下っ腹の出っ張りにも効果あり。

腹横筋の鍛え方は簡単。簡単じゃないと続かないです。
1.呼吸を止めずに、おへそを引っ込める

2.腰骨の左右のでっぱりの内側の部分が、
硬くなることを確かめる

3.おへそを引っ込めたまま、30秒間キープ

歩きながらでも、座っている時でもどんな状態でもできるはずです。
丹田をうまく活用できれば見る聞くなどの五感もしっかりできると思います。神経や血管、経絡などの流れが良い状態になるでしょう。

丹田を意識して腹横筋をしっかり使えることができれば持病の腰痛もちの方も楽になってきます。

スポンサーリンク

記事はお役に立ちましたか?シェアは以下のボタンからどうぞ!

ブログの更新情報はこちらで配信中

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です