荻窪整体鍼灸院のスマホヘッダー

自律神経失調症やうつ病の治療も鍼灸治療(東洋医学)で効果が期待できます

情志憂鬱により気機が鬱滞しておこる病証を鬱証という.

鬱症には.抑鬱.情緒不安定,胸脇苦満.疼痛.または怒りっぽい,よく泣く.喉の梗塞感,不眠などの複雑な症状が現れる。

気機が鬱滞しそれが長期にわたって改善しないと、病は気から血におよび、そのために多くの病変に変化する可能性がある.

明代には鬱症を気鬱.血鬱,痰鬱,湿鬱.食鬱に分類している.これらは気鬱が基礎にあり.それが変化しておこるものとされている。

神経症.ヒステリーおよび更年期抑鬱症などは.

本病証の弁証論治を参考にしながら治療することができる。

関連記事

自律神経失調症を鍼灸や整体を使って改善していきませんか?

自律神経失調症を鍼灸や整体を使って改善していきませんか?
あなたは不眠で悩んでいて、眠れたり眠れなかったりという日々が続いていませんか? もしかすると、やっぱり自律神経失調症かもしれません。 けん怠感や息苦しいなどの症状でお悩みではありませんか? このような症状に当てはまるのは、...

東洋医学からみた「うつ病」分類:実証

【1】肝気鬱結による鬱症

情志の失調により肝の条達が悪くなり,そのために肝気鬱滞となり気滞の状態が改善されないと鬱症がおこる。また気滞血瘀となり.そのために鬱証がおこるものもある.

【2】気鬱化火による鬱証

肝気鬱結の状態が長期にわたって改善されないと化火することがあり,それにより鬱証がおこるものもある。この場合には、特徴として肝火による症状を伴う.

【3】気滞痰鬱による鬱症

肝鬱乗脾.または過度の思慮,労倦により脾を損傷し.脾の運化機能が悪くなって痰湿を形成し.そのために気滞痰鬱となると鬱証がおこる.

東洋医学からみた「うつ病」分類:虚証

(1)心神失養による鬱証

憂慮などにより心気,営血を損傷すると心神失養となり、そのために心神不安になるとこのタイプの鬱証がおこる.

 

(2)心脾両虚による鬱証

過度の心労や思慮,久鬱により脾を損傷し、そのために気血の生成が悪くなり、心神失養になると,このタイプの鬱症がおこる.

(3)陰虚火旺による鬱証

長期にわたって気滞の状態が改善されないために化火し、それにより陰血を損傷すると,病は肝腎に波及し、陰虚火旺による鬱症がおこる.

東洋医学からみた「うつ病」鑑別:実証

【1】肝気鬱結による鬱証

主症:精神抑鬱,情緒不安,よく溜め息をつく
随伴症:胸脇脹満,疼痛部位は一定しない,胃脘部のつかえ,食欲不振,暖気,腹脹,あるいは嘔吐,大便失調,閉経
舌脈象:舌苔薄膩,脈弦
証候分析:

①精神抑鬱、情緒不安・・・情志失調により肝の粂達が悪くなるとおこる。
②胸脇脹満,腹脹.閉経・・・足厥陰肝経は少腹部を巡行し,胃を挟み,胸脇部に流注しているので.肝気鬱滞して気機が悪くなり、そのために肝絡失和になるとおこる。
③胃脘部のつかえ.噯気.食欲不振.嘔吐・・・肝気犯胃となり,胃の和降が悪くなるとおこる。
④腹脹,大使失調・・・肝気乗脾になるとおこる。
⑤舌苔薄膩.脈弦・・・肝胃不和の象である.

 

【2】気鬱化火による鬱証

主証:いらいらする,怒りっぽい
随伴症:胸脇脹満,呑酸,口乾,口苦.大便秘結,または頭痛,目赤.耳鳴り
舌脈象:舌質紅,舌苔黄.脈弦数
証侯分析:①頭痛,目赤,耳鳴り・・・気鬱化火になると火には炎上性があるため,火が足厥陰肝経の経脈にそって上行することによりおこる。
②口乾,口苦,大使秘結・・・肝火犯胃により胃腸に熱が生じるとおこる。
③いらいらする.怒りっぽい.舌質紅‘舌苔黄,脈弦数・・・すべて肝火による象である.

【3】気滞痰鬱による鬱証

主症:喉の異物感,または梗塞感
随伴症:胸悶,胸部の息づまり感,または胸脇を伴う
舌脈象:舌苔白膩、脈弦滑
証候分析:

①喉の異物感,梗塞盛・・・肝鬱乗脾により脾の運化機能が悪くなり、そのために痰湿を形成し、それが気滞とともに胸膈の上部に痰気鬱血するとおこる。これは「梅核気」といわれている。
②息づまり感・・・気がのびやかに動かないとおこる。
③脇痛・・・脇部は足厥陰肝経が流注しているので、その経絡が鬱滞すると脇痛がおこる.
④舌苔白膩,脈弦滑・・・肝鬱に痰湿がからんでいる象である.

東洋医学からみた「うつ病」鑑別虚証

【1】心神失養による鬱症

主症:精神不振,情緒が激動しやすい,悲しんだり泣いたりする
随伴症:煩悶する,時々あくびをする.不眠
舌脈象:舌質淡,舌苔薄白.脈弦細
症候分析:

①精神不振,精神恍惚,情緒が激動しやすい,悲しんだり泣いたりする・・・心気を損傷し営血が不足すると心神をうまく養うことができなくなりおこる。これを「金匱要略」で述べている「臓燥」に該当する.
②舌質淡.舌苔薄白,脈弦・・・気滞血虚の象である。

 【2】心脾両虚による鬱症

主症:よくくよくよする,臆病になる
随伴症:心悸.不眠、健忘、頭暈、顔色がさえない,食欲不振
舌脈象:舌質淡,脈細弱
症候分析:

①心悸,臆病になる.不眠、健忘・・・心労,過度の思慮により心脾を損傷し,そのために心神失養になるとおこる.
②食欲不振・・・脾の運化機能が低下するとおこる.
③顔色がさえない,頭暈、舌質淡,脈細弱・・・気血両虚の象である.

【3】陰虚火旺による鬱証

主症:眩暈.心悸,不眠、心煩,怒りっぽい
随伴症:腰や膝がだるい,遺精,月経不順
舌脈象:舌貿紅,脈弦細数
症候分析:

①眩暈,怒りっぽい・・・臓陰不足、営血不足のために虚陽が上浮するとおこる.
②心悸.不眠.煩躁・・・陰血不足のために心神失養となったり,陰虚のために虚熱が生じ、それが心神に影響するとおこる.
③腰のだるさ・・・腎陰不足によりおこる。
④遺精、月経不順・・・陰虚火旺により精室に影響し、精関不固になると遺精がおこる。肝腎が失調し、衝任失調となると月経不順がおこる。
⑤舌質紅.脈弦細数・・・陰虚による虚熱の象である。

他院との比較をわかりやすく一覧表にしました

院内環境

一般的な治療院あんさんぶる治療院
カーテンで仕切られているか薄い壁で安心感がない完全予約制。ベッド1台プライバシーが守られます。
予約制でないので待ち時間が長い基本待ち時間はありません。

施術の内容

一般的な治療院あんさんぶる治療院
スタッフが多いので技術差が大きい、院長だと別料金、通常料金だとレベルが低い院長のみのひとり治療院。いつでも同じ施術レベル
マッサージや電気治療でその場はよくなるが元に戻る結果として、痛くなっている箇所は原則触らず、原因の箇所をアプローチする。だから、症状が起こらない身体に変わっていく。
整体などは無資格者が多く、解剖学的な知識に乏しいはり師きゅう師2つの国家資格を保有。施術以外の基礎医学もマスター
東洋医学なら東洋医学のみ。筋肉なら筋肉のみと一面だけの治療スタイル伝統中国医学と解剖運動学の両面から矛盾のない治療を提供します

料金

一般的な治療院あんさんぶる治療院
急性症状のみ保険が使えても、電気を当てたり、軽くマッサージするだけ。毎日通えと言われて結局時間も費用もかかる自費治療だが、通う回数も少なく、時間的コストも少ないのでトータルでみるとお得

アフターフォロー

一般的な治療院あんさんぶる治療院
マニュアル通りの説明や、根拠がなくアドバイスの信ぴょう性が低い毎回身体のバランスを検査して、治療のプランと実践的な日常生活に役立つセルフケアをお伝えします。

最後に

あんさんぶる整体鍼灸院は、中国伝統医学と解剖運動学にもとづき、あなたを苦しめている「痛みの原因」「病の根本」を探しあてます。

開業以来、たくさんの患者様に「今までできなかったことが再開できた」「毎日ビクビクしていた痛みから開放されて人生が楽しくなった」と、うれしい声をたくさんいただいております。

病院で原因不明と言われた痛みや悩みは、東洋医学・西洋医学両方の目でみていけば、必ず原因があります。

その原因をはっきりさせて根本的な改善を一緒に目指しませんか?

あなたの本来ある身体にもどして、理想としていた未来にむかって全身全霊でお手伝いさせてください。

『病や痛みに苦しむたくさんのかたの未来をより明るいものにしたい』という思いを抱いて施術させていただきます。

根本から改善していく、当院の施術をぜひ体験してみてください。

あんさんぶる整体鍼灸院のアクセス情報

 

当院の特徴

荻窪のあんさんぶる整体鍼灸院です。

当治療院は、JRの荻窪駅・地下鉄丸ノ内線荻窪駅徒歩4分という好立地にあります。

JR荻窪駅は、総武線、中央線、東西線が通っており、阿佐ヶ谷、高円寺、中野はもちろん、新宿方面より東側。また西荻窪、吉祥寺はもちろん、三鷹より西側からも利便性がいいと人気の場所です。

地下鉄も丸ノ内線の始発駅となっており、ゆっくり座ってくることも可能です。

またバスも関東バスや西武バスが荻窪駅から発着しており、高井戸、世田谷方面からは、バスを利用して東京電力営業所停留所から歩いて4分ほどですので、バスを利用されるかたも多いです。

お車の場合も近隣に多数コインパーキングもありますし、駅ビルの駐車場を利用してお買い物もすればお得に駐車することも可能です。

当院は、院長ひとりで施術をおこなうので、プライベートが守られます。

さらに完全予約制で、小さなお子様連れでも両隣がお店なので、ガンガンにぎやかにしてもらっても大丈夫です。

当院の治療最大の特徴は、東洋医学・解剖運動学両方から検査をおこない矛盾のない施術を提供することです。

鍼治療の場合は、1本から2~3本程度で施術します。

気の流れも整えるなら少ない本数のほうが整えることができるのです。他院がむやみやたらに鍼を打つのは、局所的な治療の場合がほとんど。

料理人で考えてみましょう。

上手な料理人の場合、味付けはシンプルでも美味しいですよね。すし職人なら、にぎる回数を極限まで減らしていると聞きます。

すし職人

整体治療の場合も、バランスをとることを目的にしています。

全身もみほぐしは、一見気持ちがいいのですが、原因がどこにあるかわからなくなってしまいます。

検査・施術を同時進行でおこなうので、全身触っていきますが、メインでアプローチする箇所は整体の場合も少なくなります。

鍼灸のイメージは、怖い・痛い・熱い(お灸)と思われています。注射のイメージがあるからだと思いますが、比較すると「えっ」というくらい痛くないです。

しかし、極限まで精神的負担や肉体的負担を軽減したいので、少数の鍼にこだわります。

あんさんぶる整体鍼灸院での適応疾患

あんさんぶる整体鍼灸院では、ほかの鍼灸院・整骨院・整体院ではなかなか対応できないさまざまな症状の改善が可能です。

(運動器疾患)
腰痛・坐骨神経痛・五十肩・肘痛・膝痛・関節炎・リウマチ・外傷の後遺症(むちうち打撲・捻挫等)

(アレルギー疾患)
花粉症・アトピー性皮膚炎・アレルギー性鼻炎

(神経系疾患)
肩こり・頭痛・不眠・めまい・神経痛・自律神経失調症・うつ病・パニック障害・統合失調症・頻尿

(婦人科系疾患)
更年期障害・生理痛・子宮内膜症・不妊・逆子・乳腺炎

(消化器系疾患)
胃炎・逆流性食道炎・消化不良・胃十二指腸潰瘍・胃酸過多・下痢・便秘 肝機能障害・痔疾

(循環器疾患)
動悸・息切れ・高血圧・低血圧

(眼科系疾患)
眼精疲労・疲れ目・かすみ目・ものもらい・結膜炎

(呼吸器系疾患)
喘息・風邪・気管支炎

(小児疾患)
夜泣き・かんむし・小児喘息・アレルギー性湿疹・夜尿症・虚弱体質の改善

など様々な症状に鍼灸で対応しております。

これらの症状はWHO(世界保健機構)が発表している鍼灸適応疾患に入っている症状ですが、実際に施術が可能な鍼灸院はかなり限られてしまうのです。

荻窪あんさんぶる整体鍼灸院
タイトルとURLをコピーしました