荻窪整体鍼灸院のスマホヘッダー

オスグット病

men  ひざの痛み、こしの痛み。

10代 男性 中学生 バドミントン
ひざの痛み、こしの痛み。
かいだんをのぼるときに、ひざがいたかったが痛くなくなってきた。

※得られる結果には個人差があります


 

オスグット病・オスグットシュラッター病を理解するために、まず、膝関節の骨であるが上方の大腿部には大腿骨1本、下方の下腿部には脛骨と腓骨の2本の骨がある。

そして膝の曲げ伸ばしや体重の伝達は、この大腿骨と脛骨両者の間でおこなわれる。腓骨はあまり参与しない。そして膝の前面には、膝蓋骨がある。

 

膝蓋骨は大腿四頭筋(太ももの全面の筋肉)の腱のなかにある骨で、膝の前面を形成し、膝の屈伸運動を円滑にし、膝に大きな力が入りやすくすみために存在する。そしてこの膝蓋骨の下方は膝蓋靭帯(膝蓋腱)となって脛骨の脛骨粗面に付着している。
私たちが曲げた膝を(伸ばそうとするときのメカニズムは、まず大腿四頭筋が収縮し、その収縮によって膝蓋骨が引き上げられ、膝蓋靭帯が引っ張られ、これが脛骨粗面を引き, 膝関節部がテコになって下腿が持ち上がるわけである。膝蓋骨と膝蓋腱、脛骨粗面は体重負荷よりも膝を伸ばす動作に関連が深い。

オスグット・シュラッター病とは

この脛骨粗面は13~16歳頃は軟骨であり、脛骨本幹と硬い骨性の融合を完成していない。そのため成長期にここに強い牽引力がかかると、軟骨部が容易に剥離してしまう。また、この部は軟骨であるため直接外力に対しても弱い。このような成長期における脛骨粗面の障害が、オスグットシュラッター病である。
骨端軟骨の剥離は一度の大きな牽引力にても,起こりうるが、一般的には比較的強い力が反復してかかる場合に起こることが多い。例えば、うさぎ跳びの時のように、深く膝を屈曲した位置ではすでに膝蓋腱に最大の張力が働いており、ここで反復を加えて跳ぼうとすると、さらに強い牽引力が脛骨粗面の軟骨に加わる事になる。そして小さな剥離骨折が何度も起こる。

あるいはじわじわと剥雌する。骨が完全に癒合するのは女子で16歳頃、男子で18歳頃であるから、それまでは同じ仕組みで何度も同じじ病能が発症しうる。
一時的に安静にしていても、再び運動を始めると痛い。人によっては何年も同じ病能を繰り返し、スポーツをしたり止めたり、テーピングしたり外したり、最もトレーニング効果のある時期をぐずぐず過ごしてしまうことがある。もちろんウサギ跳びをした成長期の子供が全員この病能にになるわけではない。骨の成長とが急速で大腿四頭筋の長さの成長が十分に追いつけない子供などに、特にこの病能が起こりやすいと考えられている。

だから10~14歳の男子に好発し、彼らは運動後に膝痛を訴え、脛骨粗面部を押さえられると痛がり、これが長く続くと脛骨粗面部が骨性に隆起して癒合する。

予防法

治療法は即ち予防法である。一旦脛骨粗面に痛みを覚えたなら、原因となる牽引力や直接外力は避けるべきである。

休んでみたところで1~2ヶ月では元と同じ方法でレッスンすれば再び痛む可能性が大きい。

初心者で大腿部のストレッチが不十分な者に対して十分にストレッチさせる事も必要。

他の部分を鍛えながらストレッチしながら治すのが最も効率のよい早道。

 

一度は整形外科を受診し、正しい診断を受けなければならない。


 

他院との比較をわかりやすく一覧表にしました

院内環境

一般的な治療院あんさんぶる治療院
カーテンで仕切られているか薄い壁で安心感がない完全予約制。ベッド1台プライバシーが守られます。
予約制でないので待ち時間が長い基本待ち時間はありません。

施術の内容

一般的な治療院あんさんぶる治療院
スタッフが多いので技術差が大きい、院長だと別料金、通常料金だとレベルが低い院長のみのひとり治療院。いつでも同じ施術レベル
マッサージや電気治療でその場はよくなるが元に戻る結果として、痛くなっている箇所は原則触らず、原因の箇所をアプローチする。だから、症状が起こらない身体に変わっていく。
整体などは無資格者が多く、解剖学的な知識に乏しいはり師きゅう師2つの国家資格を保有。施術以外の基礎医学もマスター
東洋医学なら東洋医学のみ。筋肉なら筋肉のみと一面だけの治療スタイル伝統中国医学と解剖運動学の両面から矛盾のない治療を提供します

料金

一般的な治療院あんさんぶる治療院
急性症状のみ保険が使えても、電気を当てたり、軽くマッサージするだけ。毎日通えと言われて結局時間も費用もかかる自費治療だが、通う回数も少なく、時間的コストも少ないのでトータルでみるとお得

アフターフォロー

一般的な治療院あんさんぶる治療院
マニュアル通りの説明や、根拠がなくアドバイスの信ぴょう性が低い毎回身体のバランスを検査して、治療のプランと実践的な日常生活に役立つセルフケアをお伝えします。

最後に

あんさんぶる整体鍼灸院は、中国伝統医学と解剖運動学にもとづき、あなたを苦しめている「痛みの原因」「病の根本」を探しあてます。

開業以来、たくさんの患者様に「今までできなかったことが再開できた」「毎日ビクビクしていた痛みから開放されて人生が楽しくなった」と、うれしい声をたくさんいただいております。

病院で原因不明と言われた痛みや悩みは、東洋医学・西洋医学両方の目でみていけば、必ず原因があります。

その原因をはっきりさせて根本的な改善を一緒に目指しませんか?

あなたの本来ある身体にもどして、理想としていた未来にむかって全身全霊でお手伝いさせてください。

『病や痛みに苦しむたくさんのかたの未来をより明るいものにしたい』という思いを抱いて施術させていただきます。

根本から改善していく、当院の施術をぜひ体験してみてください。

あんさんぶる整体鍼灸院のアクセス情報

 

当院の特徴

荻窪のあんさんぶる整体鍼灸院です。

当治療院は、JRの荻窪駅・地下鉄丸ノ内線荻窪駅徒歩4分という好立地にあります。

JR荻窪駅は、総武線、中央線、東西線が通っており、阿佐ヶ谷、高円寺、中野はもちろん、新宿方面より東側。また西荻窪、吉祥寺はもちろん、三鷹より西側からも利便性がいいと人気の場所です。

地下鉄も丸ノ内線の始発駅となっており、ゆっくり座ってくることも可能です。

またバスも関東バスや西武バスが荻窪駅から発着しており、高井戸、世田谷方面からは、バスを利用して東京電力営業所停留所から歩いて4分ほどですので、バスを利用されるかたも多いです。

お車の場合も近隣に多数コインパーキングもありますし、駅ビルの駐車場を利用してお買い物もすればお得に駐車することも可能です。

当院は、院長ひとりで施術をおこなうので、プライベートが守られます。

さらに完全予約制で、小さなお子様連れでも両隣がお店なので、ガンガンにぎやかにしてもらっても大丈夫です。

当院の治療最大の特徴は、東洋医学・解剖運動学両方から検査をおこない矛盾のない施術を提供することです。

鍼治療の場合は、1本から2~3本程度で施術します。

気の流れも整えるなら少ない本数のほうが整えることができるのです。他院がむやみやたらに鍼を打つのは、局所的な治療の場合がほとんど。

料理人で考えてみましょう。

上手な料理人の場合、味付けはシンプルでも美味しいですよね。すし職人なら、にぎる回数を極限まで減らしていると聞きます。

すし職人

整体治療の場合も、バランスをとることを目的にしています。

全身もみほぐしは、一見気持ちがいいのですが、原因がどこにあるかわからなくなってしまいます。

検査・施術を同時進行でおこなうので、全身触っていきますが、メインでアプローチする箇所は整体の場合も少なくなります。

鍼灸のイメージは、怖い・痛い・熱い(お灸)と思われています。注射のイメージがあるからだと思いますが、比較すると「えっ」というくらい痛くないです。

しかし、極限まで精神的負担や肉体的負担を軽減したいので、少数の鍼にこだわります。

あんさんぶる整体鍼灸院での適応疾患

あんさんぶる整体鍼灸院では、ほかの鍼灸院・整骨院・整体院ではなかなか対応できないさまざまな症状の改善が可能です。

(運動器疾患)
腰痛・坐骨神経痛・五十肩・肘痛・膝痛・関節炎・リウマチ・外傷の後遺症(むちうち打撲・捻挫等)

(アレルギー疾患)
花粉症・アトピー性皮膚炎・アレルギー性鼻炎

(神経系疾患)
肩こり・頭痛・不眠・めまい・神経痛・自律神経失調症・うつ病・パニック障害・統合失調症・頻尿

(婦人科系疾患)
更年期障害・生理痛・子宮内膜症・不妊・逆子・乳腺炎

(消化器系疾患)
胃炎・逆流性食道炎・消化不良・胃十二指腸潰瘍・胃酸過多・下痢・便秘 肝機能障害・痔疾

(循環器疾患)
動悸・息切れ・高血圧・低血圧

(眼科系疾患)
眼精疲労・疲れ目・かすみ目・ものもらい・結膜炎

(呼吸器系疾患)
喘息・風邪・気管支炎

(小児疾患)
夜泣き・かんむし・小児喘息・アレルギー性湿疹・夜尿症・虚弱体質の改善

など様々な症状に鍼灸で対応しております。

これらの症状はWHO(世界保健機構)が発表している鍼灸適応疾患に入っている症状ですが、実際に施術が可能な鍼灸院はかなり限られてしまうのです。

荻窪あんさんぶる整体鍼灸院
タイトルとURLをコピーしました