荻窪整体鍼灸院のスマホヘッダー

赤ちゃんがほしい

women  

30代女性
冷え、婦人科(不妊治療)
お腹の冷えが無くなった。足も前はいつも冷たかったが現在はポカポカしています。便通もよくなってます。

※得られる結果には個人差があります


 

不妊症は,臨床において原発性不妊症と続発性不妊症に分けられる。原発性不妊症とは,生殖機能が盛んな年齢の夫婦が,結婚後2年以上同居し,男性側の生殖機能が正常であり,かつ避妊を行っていないにもかかわらず妊娠しないものを指す。続発性不妊症とは,かつて出産または流産をしたことがあり,その後避妊を行わず2年以上妊娠しないものを指す。

1.補言調経

この法は腎陽蛎虚から起こる不妊症に対して用いる。主な症状として,月経後期に,経血量が少なく色が淡紅色であり質も薄い(血塊はみられない)・腰や膝がだるく力が入らない・全身がだるく力が入らない.めまい・耳鳴り・性欲減退・下肢が温かくならない.小便清長(尿が透明で排尿の際に勢いがなくやや時間がかかる)・舌質淡・苔薄白・脈沈細などがあげられる。
また婦人科検査では,子宮がやや小さい.陰毛が薄いという特徴が現れ,基礎体温を測ると低温期・高温期に分かれなかったり,黄体ホルモンの分泌の上昇が不十分である。この証は内分泌の失調や子宮の発育不良がみられる患者に多い。

2.疏肝理気

この法は肝鬱気滞血瘀から起こる不妊症に対して用いる。主な症状として,月経前後不定期・経血量がやや少なく色が紫暗色であり血塊がみられる.経血の排出がスムーズでない.腹痛・腹部が落ち込むような感覚がある・月経前に乳房が張って痛む.せっかちである・イライラして怒りっぽい.精神抑うつ・脈細弦などがあげられる。舌苔は正常である場合が多い。この証は子宮内膜症・多嚢胞性卵巣症候群・卵管通過障害などの患者に多くみられる。

3.活血化瘀

この法は血瘀胞絡証から起こる不妊症に対して用いる。主な症状として,腹部は落ち込むような感覚があり張って痛む(嬉痛の部位は一定しており拒按である)・月経は正常または不調・疲労感があり身体に力が入らない.舌の周囲や尖端の色が黒っぽく瘀点がみられる.舌苔薄・脈弦緊などがあげられる。この証は子宮内膜症・卵管通過障害などの患者に多くみられる。

4.化痰燥湿

この法は痰湿鬱阻証から起こる不妊症に対して用いる。主な症状としては,肥満体型・経血量が少なく質が濃く粘り気がある・経期が常に遅れがちである(重症になると無月経となる).おりものの量が多く質が濃い.性欲減退もしくは淡白になる.めまい・心動悸(心悸よりも症状がやや激しい)・胸悶・吐き気・胃納不佳(食欲がなくあまり食べられない),舌苔白膩・脈滑などがあげられる。この証は内分泌の失調・子宮の発育不良の患者に多くみられる。

5.清熱利湿

この法は湿熱薀滞証から起こる不妊症に対して用いる。主な症状として,経期が常に早まる.または月に2度あることもある・経血の色は鮮紅色であり質が粘り気を帯びている.または崩漏が現れ経血がなかなか止まらない.おりものが多い(おりものの色は黄色く臭いが強い,または糸状の血が混じることもある)・陰部の瘙痒感・口が苦くのどが乾く・腰や下肢がだるく力が入らない.尿の色が濃い黄色・舌質紅・苔
薄黄・脈滑数などがあげられる。この証は骨盤腹膜炎・トリコモナス膣炎・カンジダ膣炎および子宮頚管びらんの患者に多くみられる。

1.妊娠における調経の作用を重視

調経の過程において,中薬を用いて月経周期を調整し,月経周期の不順を治療する。一般的には,月経周期は以下の4期に分けられる。
月経期:この時期は血海が満ち経血が排池される時期であり,治療は行気活血を主にする。

月経前期:この時期は分泌期ともいう。この時期は陰から陽に移り変わる段階であり,治療は平調陰陽・調理気血を主にする。
排卵期:この時期は腎陰腎陽転化の段階であり,治療は行気活血・温陽補腎を主にする。
月経後期:この時期,胞宮(子宮)は精気を蓄え洩らさないようにしなければならず,治療は調和気血・補腎養陰を主にする。

2.妊娠における補腎の作用を重視

腎は精を蓄え,胎脈は腎に連絡している。このため,腎気が盛んであれば月経は自然と正常になり生殖発育機能も盛んになる。反対に腎気不足になると生殖機能も衰退する。
腎という生殖・発育の根本をしっかりととらえることが重要である。補腎には五子術宗丸・左帰丸・右帰丸・二仙湯・二至丸を基本方剤とし,陰陽のバランスにも注意する。さらに補腎と同時に以下の点にも注意が必要である。
①補脾:脾は後天の本であり,また気血生化の源である。脾気が満ち足りていれば腎精も充足するため,治療の際には脾胃の気を保つことにも注意しなければならない。
②衝・任・督脈を補う:衝脈は血海であり,女性は血を本とする。任脈は胞宮を主り,また全身の「陰経の海」(陰経を支配する脈絡)でもある。このため任脈は精血津液すべてを支配する。督脈は全身の陽を主る。任脈は身体の前面を流れ,督脈は身体の後部を通る。任・督の両脈は協力して人体の陰陽気血の相対的なバランスを保っている。このように衝・任・督脈が
盛んであれば妊娠にも有利になるのである。


 

他院との比較をわかりやすく一覧表にしました

院内環境

一般的な治療院あんさんぶる治療院
カーテンで仕切られているか薄い壁で安心感がない完全予約制。ベッド1台プライバシーが守られます。
予約制でないので待ち時間が長い基本待ち時間はありません。

施術の内容

一般的な治療院あんさんぶる治療院
スタッフが多いので技術差が大きい、院長だと別料金、通常料金だとレベルが低い院長のみのひとり治療院。いつでも同じ施術レベル
マッサージや電気治療でその場はよくなるが元に戻る結果として、痛くなっている箇所は原則触らず、原因の箇所をアプローチする。だから、症状が起こらない身体に変わっていく。
整体などは無資格者が多く、解剖学的な知識に乏しいはり師きゅう師2つの国家資格を保有。施術以外の基礎医学もマスター
東洋医学なら東洋医学のみ。筋肉なら筋肉のみと一面だけの治療スタイル伝統中国医学と解剖運動学の両面から矛盾のない治療を提供します

料金

一般的な治療院あんさんぶる治療院
急性症状のみ保険が使えても、電気を当てたり、軽くマッサージするだけ。毎日通えと言われて結局時間も費用もかかる自費治療だが、通う回数も少なく、時間的コストも少ないのでトータルでみるとお得

アフターフォロー

一般的な治療院あんさんぶる治療院
マニュアル通りの説明や、根拠がなくアドバイスの信ぴょう性が低い毎回身体のバランスを検査して、治療のプランと実践的な日常生活に役立つセルフケアをお伝えします。

最後に

あんさんぶる整体鍼灸院は、中国伝統医学と解剖運動学にもとづき、あなたを苦しめている「痛みの原因」「病の根本」を探しあてます。

開業以来、たくさんの患者様に「今までできなかったことが再開できた」「毎日ビクビクしていた痛みから開放されて人生が楽しくなった」と、うれしい声をたくさんいただいております。

病院で原因不明と言われた痛みや悩みは、東洋医学・西洋医学両方の目でみていけば、必ず原因があります。

その原因をはっきりさせて根本的な改善を一緒に目指しませんか?

あなたの本来ある身体にもどして、理想としていた未来にむかって全身全霊でお手伝いさせてください。

『病や痛みに苦しむたくさんのかたの未来をより明るいものにしたい』という思いを抱いて施術させていただきます。

根本から改善していく、当院の施術をぜひ体験してみてください。

あんさんぶる整体鍼灸院のアクセス情報

 

当院の特徴

荻窪のあんさんぶる整体鍼灸院です。

当治療院は、JRの荻窪駅・地下鉄丸ノ内線荻窪駅徒歩4分という好立地にあります。

JR荻窪駅は、総武線、中央線、東西線が通っており、阿佐ヶ谷、高円寺、中野はもちろん、新宿方面より東側。また西荻窪、吉祥寺はもちろん、三鷹より西側からも利便性がいいと人気の場所です。

地下鉄も丸ノ内線の始発駅となっており、ゆっくり座ってくることも可能です。

またバスも関東バスや西武バスが荻窪駅から発着しており、高井戸、世田谷方面からは、バスを利用して東京電力営業所停留所から歩いて4分ほどですので、バスを利用されるかたも多いです。

お車の場合も近隣に多数コインパーキングもありますし、駅ビルの駐車場を利用してお買い物もすればお得に駐車することも可能です。

当院は、院長ひとりで施術をおこなうので、プライベートが守られます。

さらに完全予約制で、小さなお子様連れでも両隣がお店なので、ガンガンにぎやかにしてもらっても大丈夫です。

当院の治療最大の特徴は、東洋医学・解剖運動学両方から検査をおこない矛盾のない施術を提供することです。

鍼治療の場合は、1本から2~3本程度で施術します。

気の流れも整えるなら少ない本数のほうが整えることができるのです。他院がむやみやたらに鍼を打つのは、局所的な治療の場合がほとんど。

料理人で考えてみましょう。

上手な料理人の場合、味付けはシンプルでも美味しいですよね。すし職人なら、にぎる回数を極限まで減らしていると聞きます。

すし職人

整体治療の場合も、バランスをとることを目的にしています。

全身もみほぐしは、一見気持ちがいいのですが、原因がどこにあるかわからなくなってしまいます。

検査・施術を同時進行でおこなうので、全身触っていきますが、メインでアプローチする箇所は整体の場合も少なくなります。

鍼灸のイメージは、怖い・痛い・熱い(お灸)と思われています。注射のイメージがあるからだと思いますが、比較すると「えっ」というくらい痛くないです。

しかし、極限まで精神的負担や肉体的負担を軽減したいので、少数の鍼にこだわります。

あんさんぶる整体鍼灸院での適応疾患

あんさんぶる整体鍼灸院では、ほかの鍼灸院・整骨院・整体院ではなかなか対応できないさまざまな症状の改善が可能です。

(運動器疾患)
腰痛・坐骨神経痛・五十肩・肘痛・膝痛・関節炎・リウマチ・外傷の後遺症(むちうち打撲・捻挫等)

(アレルギー疾患)
花粉症・アトピー性皮膚炎・アレルギー性鼻炎

(神経系疾患)
肩こり・頭痛・不眠・めまい・神経痛・自律神経失調症・うつ病・パニック障害・統合失調症・頻尿

(婦人科系疾患)
更年期障害・生理痛・子宮内膜症・不妊・逆子・乳腺炎

(消化器系疾患)
胃炎・逆流性食道炎・消化不良・胃十二指腸潰瘍・胃酸過多・下痢・便秘 肝機能障害・痔疾

(循環器疾患)
動悸・息切れ・高血圧・低血圧

(眼科系疾患)
眼精疲労・疲れ目・かすみ目・ものもらい・結膜炎

(呼吸器系疾患)
喘息・風邪・気管支炎

(小児疾患)
夜泣き・かんむし・小児喘息・アレルギー性湿疹・夜尿症・虚弱体質の改善

など様々な症状に鍼灸で対応しております。

これらの症状はWHO(世界保健機構)が発表している鍼灸適応疾患に入っている症状ですが、実際に施術が可能な鍼灸院はかなり限られてしまうのです。

荻窪あんさんぶる整体鍼灸院
タイトルとURLをコピーしました