蚊に刺されやすい体質と委中

蚊
スポンサーリンク
 東京はすっかり涼しくなっているのに、蚊の話ですいません。しかし、この時期の蚊ほど貪欲なものはいないと思います。
そもそも蚊はいつも人の血を吸っている訳ではなく、産卵期のメスだけが栄養を求めて血を吸うようです。

よくO型の人は吸われやすいと言われていますが、都市伝説ではなく本当で、O型は花の蜜に似ていると蚊が感じているらしく、良く吸うようです。ちなみに私もO型です。
[amazonjs asin=”B011I94NEA” locale=”JP” title=”怖いほど当たる!O型のトリセツ 怖いほど当たる!血液型シリーズ (SMART BOOK)”] 他には汗をかいている時や、お酒を飲んだ時に刺されやすい、これは炭酸ガスが多いに関係あり!

O型でもないし、汗もかかない、お酒なんて飲めません。という人で何故か刺されやすい人っていますか?
もしかしたら酸性体質になっていませんか?五臓(肝・心・脾・肺・腎)とくに肝・腎の機能が低下していると血液も酸性になりやすいのでご注意を。
治療の際、委中(別名、血郄)から排血をしますが、酸性体質の人は血液が鮮やかな赤色で、瘀血(おけつ、今でいうドロドロ血)の人は真っ黒です。

瘀血 委中

ストレス、糖分、動物性食品、乳製品、卵等は体を酸性化する要因です。とくに白砂糖はダメですよ。

上記のものに気をつけて体のサビを落としましょう。

タイトルとURLをコピーしました