かかとが歩くと痛い!朝だけが日中や立つ時もかかとが痛むのを鍼治療で改善した一症例

スポンサーリンク

ほぼ1年前から、かかとの痛みが始まりました。始めは朝、起きて歩き始めた時かなり痛かったのですが、次第に日中歩く時、立っている時も痛みが出だしつらかったです。 

60代・女性

足が地に着く時にかかとの一箇所に痛みがあったのが、だんだんと薄れて行きました。

はり治療がとてもよく効きました。またマッサージもしていただき、全身の疲労がぬけて体が軽くなっていきました。

かかとが痛いと来院された60代女性の患者さん。

整形外科に行くと「足底筋膜炎」や「足底腱膜炎」と呼ばれる症状です。

かかとの痛みには、本当に鍼灸治療がよく効きます。

病院勤務時代から、ちょこちょこ目にしていた「かかとの痛み」ですが、かかたの痛みはマッサージや電気治療では、ほぼ治りません。

むしろマッサージされた痛くてたまらない場合もあります。

旅行などでよく歩いた場合、一過性でかかとや足裏全体に痛みを訴えることも。

ただ、多くの患者さんが、整形外科や整骨院にしばらく通ってしまうので針灸院に来院するときは、かなり悪く慢性化していることも多いです。

あんさんぶる治療院での鍼治療は、基本的に直接かかとの痛む箇所へ鍼をします。ただし、他の針灸院と違って痛覚を麻痺させる技術をほどこすので、敏感な足の裏でも痛みが最小限になります。

足の裏全体の痛みや、かかとの痛みでお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。

 

タイトルとURLをコピーしました