首がピキッといってから首痛に【高校時代から】鍼で改善した1症例

首がピキッといってから首痛に【高校時代から】鍼で改善した1症例

最初はどのような症状がありましたか?
肩から首がはっていた
上記の症状はどのように良くなってきましたか?
ハリを打って治りました。
同じような症状で悩んでいる患者さんへのアドバイスやメッセージがあれば教えてください。
ストレッチして下さい。

お名前 CY
年齢 30代
性別 男

首がピキッといってから首痛に【高校時代から】鍼で改善した1症例

首がピキッといってから首痛に【高校時代から】鍼で改善した1症例

30代男性の患者さん。
高校時代にペットボトルを取ろうとしたときに首が「ピキッ」という音がしたとのこと。それから首に違和感と痛みが出てきてしまう。たまに起きたときに右に向けないときがある。

首がピキッといってから首痛に【高校時代から】整体治療的な検査

上半身左傾き右ねじれ、下半身左ねじれ

首がピキッといってから首痛に【高校時代から】整体治療

1回目
感想:OK
整体で施術。ケアとして首前のマッサージ。


2回目2週間後来院
調子よかった。
体のバランスに変化あり。上半身右傾き左ねじれ、下半身左ねじれ。
整体で施術。
感想:上向きながら右向くとひっかかる。
右六頚に鍼
感想:OK


3回目5週間後来院
1ヶ月経ってくると頚に出てきた。最近は左頚が気になる。
整体で施術+左六頚に鍼、そして置き鍼。


4回目5ヶ月後来院
限界がきた。
バランスが変化。上半身右傾き右ねじれ、下半身右ねじれ
整体で施術。
この後も数ヶ月に一度のペースで来院。

首がピキッといってから首痛に【高校時代から】鍼で改善した1症例の考察

多くの頚疾患が、体のバランスを補正する最終ポイントとして、首の筋肉を使いすぎている人が多いです。このような場合は、体のバランスを取るとしばらくすれば痛みが軽減していきます。

今回の男性は、高校時代に首をピキッとしてから違和感が残ったままなので、機序が違うようでした。
そのため、首を後ろからみると不自然な筋肉の腫れがあり、おそらく頚椎(首の骨)もずれていた可能性もあるでしょう。

当院は、鍼灸院なので整体で施術して、取り切れない痛みの場合、状況によっては鍼を使用できます。
当然鎮痛や筋肉を緩める作用は、手技よりはるかに長けているので痛みのコントロールがしやすいです。

整体の経験はあるけど、鍼はちょっと怖い。。
そんなかたはまず整体で施術して、変化が乏しければ鍼をチャレンジすることも可能です。
一度お気軽にご相談ください。

タイトルとURLをコピーしました