3週間前から右肩が痛い【SE20代男性】の鍼灸治療1症例

3週間前から右肩が痛い【SE20代男性】の鍼灸治療1症例
スポンサーリンク

最初はどのような症状がありましたか?

右肩の痛み

上記の症状はどのように良くなってきましたか?

治療後は痛みがやわらぎ、軽くなるような感覚。

アドバイス頂いた姿勢の改善によっても楽になった。

お名前 KT

年齢 20代

性別 男

職業 SE

スポンサーリンク

3週間前から右肩が痛い【SE20代男性】の鍼灸治療1症例

3週間前から右肩が痛い【SE20代男性】の鍼灸治療1症例

システムエンジニアの男性です。当然ながら肩こりは普段からありましたが、3週間前からただただ右肩の肩甲骨の内側が痛いと来院されました。

3週間前から右肩が痛い【SE20代男性】の鍼灸治療的な検査

脈:滑

3週間前から右肩が痛い【SE20代男性】の整体治療的な検査

上半身右傾き右ねじれ、下半身右ねじれ

右肩いかり肩タイプ

前傾姿勢(++)

3週間前から右肩が痛い【SE20代男性】の鍼灸治療

1回目

大椎

右膏肓

右後谿

体幹の調整

頚椎の神経促通方法をセルフケアで指導


2回目4日後来院

右肩痛みから違和感に変わった。

大椎

右膏肓お灸

右後谿

体幹の調整

感想:軽い

目の疲れがあるので、眼保体操指導、セルフケアでの肩マッサージ方法指導

治癒につき、1ヶ月後の来院指導

3週間前から右肩が痛い【SE20代男性】の鍼灸治療の考察

まだ20代なので筋肉の質もよかったのですが、体のクセがありました。過剰に右肩をすくめるような状態で、前傾姿勢も重なり負担が生じていました。

さらに首からの神経の流れも悪く肩甲骨の内側のコリから痛みになっていました。

主に後谿という手の小指のつけ根にあるツボを利用して右肩の緊張を除去して、神経の促通は普段してもらえるように指導しました。

体の使い方とセルフケアによって、コンディションキープを長期間できることでしょう。

タイトルとURLをコピーしました