荻窪整体鍼灸院のスマホヘッダー

整体鍼灸Q&A

整体と鍼灸はどっちがいいの?

私の症状は、整体と鍼灸どちらがいいのですか?

よく受ける質問ですが、鍼灸への恐怖感、費用の問題などを考慮しなくて良いなら鍼灸をお勧め致します。なぜなら、鍼灸の場合、気の過不足を調整し、内からの調整もできる為です。

詳しくはこちら ⇒ 整体と鍼灸はどっちがいいの?

整体は骨をバキバキするのですか?

いいえ、当院のバランス整体は骨を鳴らす事は致しません。骨は単体で動く事はできません。骨を矯正してもまたすぐに戻ってしまいます。この解剖学的事実があるので、骨を鳴らして矯正する事はございません。

 

あと指圧のような事もおこないません。筋肉は無駄に触ると疲労がたまり余計バランスを崩してしまいます。そして、長期間指圧やマッサージを受けた筋肉は硬くなり、身体を悪くしてしまいます。

 

治療風景の動画でご確認ください。ノーカットの為、8倍速になっています。音声はでません。

さらにくわしくはこちらの記事をご覧ください>>整体のボキボキって効果あるの?【暴露】現役整体師が語る業界の裏側

整体のボキボキって効果あるの?【暴露】現役整体師が語る業界の裏側
荻窪にある当整体院は、「ボキボキ」しない整体院です。一般のかたの中には、「ボキボキが効く」と思っているかたもいます。しかし当院のスタンスは「ボキボキ不要」「ボキボキしない」整体院です。その理由をお伝えします。 整体のボキボキは効果あるの?...

鍼は痛く無いですか?

鍼は最も細い注射針の穴に入ってしまうほどの細さだから、鍼の痛みは注射の10分の1ほどの痛みに過ぎません。さらに詳しく説明すると、鍼は0.2mm前後の太さで、髪の毛が0.16~0.17mm、とほぼ同じ太さです。鍼が痛くないと言えば嘘になります。しかし、注射の印象があるのなら鍼はほぼ無痛に近いです。

こちらの記事でさらにくわしく>>はり灸って痛いですか??

はり灸って痛いですか??
はり灸って痛いですか?? また、どのような症状に1番効きますか?? 精神的な病気には効かないでしょうか?? (自律神経に効くと聞いたことがあるので) Yahoo!知恵袋でベストアンサーに選ばれた回答 お灸は、冷えを...

当あんさんぶる鍼灸院は、鍼灸だけでなく整体での施術も得意にしています。鍼治療に抵抗がある人には、まず整体で施術をします。

症状にもよりますが、1クール6回になることが多いので施術の効果が悪ければ鍼を1本だけなど最小の数を使うことを提案します。

女性は痛みに強く、「治るなら何でもやってください!」というかたが多いです。とにかく最初から無理やりすることはありません。

臆病な患者には刺入する穴を極端に少なくしています。と言っても私は鍼の本数は2本~3本くらいが基本の本数です。

他院は、腰痛なら腰に鍼をズバズバ。肩こりなら肩に鍼をズバズバ。1部位に5~6本打つのは当たり前の鍼灸院が多いのではないでしょうか?

そうると、いくら技術があったり、鍼が細いと言ったりしても痛く感じるリスクも高くなります。

  • 雑談をしながら気が紛れているうちに鍼を打つ
  • ツボに刺せば痛くないという半分本当で半分ウソをつく
  • 治療に関係のない、痛みを感じにくいツボに鍼を打つ

まさに「だまし討ち」をする鍼灸院もあるので注意が必要です。

鍼のあと、お風呂に入ってもいいですか?

鍼を刺した穴は一瞬のうちに塞がります。だから入浴しても差し支えありません。

病院でインフルエンザなどの注射をするとお風呂に入らないように注意される場合があるため、こういう心配をされるかたは、鍼の穴が残っていて、そこから空気中の細菌が侵入しないかと心配していると思います。

現代の日本で使っている鍼灸用のハリは細いので感染などはかなり考えにくいです。ただ初診の場合、体質や性格がわからないので100%は言い切れません。

そして、 お風呂は「治療後1時間ぐらいしてから入ったほうがいいですよ」と 告げています。

ただし、治療後(とくに鍼や整体がはじめての人)は、軽く運動したのと同じです。日頃運動していない人は疲れます。だから軽めのシャワーか、しばらく時間を空けて短い時間で入浴してください。

神経質すぎる人は、針治療にかかわらず些細なリスクも負いたくないと考える人もいます。そういう方はまったく触れない気功などがよいかもしれません。(医学的に立証されていないので効果があるかは不明ですが。)

鍼の消毒は大丈夫ですか?

当院は、全て個別包装の使い捨て鍼を使用しております。

使い捨て鍼

使い捨て鍼

古い鍼灸院だと、高圧滅菌器を使用した消毒をおこなっている治療院もあります。細菌やウイルスが死滅することは立証されていますが、当あんさんぶる鍼灸院は、使い捨てハリを使用します。

高圧滅菌器を使用する古い鍼灸院の言い分として「鍼治療では太い鍼を使わない限り出血 を伴うことはごく稀です。ウイルス肝炎やエイズなどの感染は血液を 介して行われるので、注射針と鍼とでは危険度がはるかに違います。」ということらしいです。

さらに、「使い捨てのハリは材質がよくないので、手の感覚がにぶる」という先生もいます。

しかし、果たして本当にそうでしょうか?

手の感覚は鍛錬によって磨けます。そして、針治療がもっとポピュラーになるには安全性をより高める必要があるので消毒意識を高くする必要がります。

だから、使用するハリは使い捨てを使用します。

消毒意識をきちんと持っているかどうかで鍼灸師の資質が分 かります。しかし、消毒を過剰に考えすぎることも問題です。鍼灸学校によってはハリを綿花で挟んで持ったり、ゴム手袋や指サックを使用したりしています。

ちなみに、私は

  • ハリの使用する本数を減らす
  • ほぼ片手でハリを操作する

このふたつを実践しているので、他院より衛生的だと思っています。

お灸は痕が残るのがイヤです。

台座灸

苦手な方へは、無理にお灸は行いません。当院では、基本的にはせんねん灸のように台座灸という患部に直接触れないものを使用しています。

病気によっては棒灸や直接灸(米粒の半分)を使用しますが、いづれにせよ患者さんに説明/同意の後に施灸いたします。

当あんさんぶる鍼灸院のお灸の使いかたは

  • 慰安的や少し熱を加えたいとき→台座灸
  • 冷えによる症状(不妊症や生理痛)→棒灸
  • 腱鞘炎などの関節の痛み→直接灸(米粒の半分サイズ)

でおこないます。

棒灸

棒灸

直接灸(半米粒大の大きさ)の柔らかくひねった上質の灸ならば、 その時は若干痕になることがあっても、時間が経てば目立たなくなり、なくなります。(免疫力が低下していたり、肌が弱い人を除く)

上手にすえれば、熱さも緩和できます。プロにおまかせください!

ただ学生時代の思い出として、別クラスのお灸を教える講師が時代錯誤なベテラン講師でした。

女性にも痕が残るお灸を課題としてやらせて、全員足や腕にお灸の痕がありました。

たしかに、自分自身で体験することは重要ですが、そこまでする必要があるのか疑問でした。

お灸で痕が残りやすい体質の人もいます。

  • 肌が白い
  • 肌が弱い
  • 肌がポチャポチャタイプ
  • 虫刺されが残る
  • 糖尿病などの持病がある

お灸は漢字だと久+火 と書きます。健康維持のため長期的におこなうのがよいので、せんねん灸は自宅でやるように指導します。

せんねん灸(台座灸)は熱くなればずらすことができるので、ヘマをしない限りヤケドのリスクは皆無です。

個人的には、冷えたときにする「お腹(関元やヘソ)への棒灸」は最高に気持ちいいです。

風邪をひいています。鍼をしても大丈夫ですか?

風邪のときに鍼灸をすると、体温が上がって免疫機能が働いて早く治ります。とくに高熱も出ず、ぐずぐずしてなかなか治らないような風邪には有効です。しかし、治療後に発汗するので、帰宅までの時間がかかって身体が冷えてしまうような場合は帰ったら静養するように指導します。ただし、39℃以上の高熱がある場合は通院によって悪化するおそれがあり、自宅での静養を指示します。

着替えないとだめですか?

お着替えは不要です。ただし、鍼灸に関しては、肘から下、膝から下、首回り、背中お腹が出る服装でお願い致します。スカートや細いパンツやデニムの場合、お着替えをご用意ください。

ゴルフの前日に鍼をしたほうがよいのでしょうか、後のほうがよいのでしょうか?

一般的に鍍灸の治効の原理を考えれば、ゴルフの前に体調を整え、血行を改善し、筋緊張を改善しておくほうがよいと思います。ただ、その時のコンディション、本番までの時間を考慮し、鍼灸ではなく、整体を勧める場合もございます。患者さんにとっても、痛くなってから施術するより、痛くならないようにするほうがベターかと存じます。

通院のペースは?

基本は、こちらから指導いたします。ただし、仕事の都合などもあるので患者様と相談してきめます。

詳しくはこちらから

 

荻窪あんさんぶる治療院のトップページ「よくある質問」へもどる

他院との比較をわかりやすく一覧表にしました

院内環境

あんさんぶる治療院一般的な治療院
完全予約制。ベッド1台プライバシーが守られます。カーテンで仕切られているか薄い壁でだけで、安心感がない
基本待ち時間はありません。予約制でないので待ち時間が長い

施術の内容

あんさんぶる治療院一般的な治療院
院長のみのひとり治療院。いつでも同じ施術レベルスタッフが多いので技術差が大きい、院長だと別料金、通常料金だとレベルが低い
結果として、痛くなっている箇所は原則触らず、原因の箇所をアプローチする。だから、症状が起こらない身体に変わっていく。マッサージや電気治療でその場はよくなるが元に戻る
はり師きゅう師2つの国家資格を保有。施術以外の基礎医学もマスター整体などは無資格者が多く、解剖学的な知識に乏しい
伝統中国医学と解剖運動学の両面から矛盾のない治療を提供します東洋医学なら東洋医学のみ。筋肉なら筋肉のみと一面だけの治療スタイル

料金

あんさんぶる治療院一般的な治療院
自費治療だが、通う回数も少なく、時間的コストも少ないのでトータルでみるとお得整骨院なら急性症状のみ保険が使えても、電気を当てたり、軽くマッサージするだけ。毎日通えと言われて結局時間も費用もかかる

アフターフォロー

あんさんぶる治療院一般的な治療院
毎回身体のバランスを検査して、治療のプランと実践的な日常生活に役立つセルフケアをお伝えします。マニュアル通りの説明や、根拠がなくアドバイスの信ぴょう性が低い

最後に

あんさんぶる整体鍼灸院は、中国伝統医学と解剖運動学にもとづき、あなたを苦しめている「痛みの原因」「病の根本」を探しあてます。

開業以来、たくさんの患者様に「今までできなかったことが再開できた」「毎日ビクビクしていた痛みから開放されて人生が楽しくなった」と、うれしい声をたくさんいただいております。

病院で原因不明と言われた痛みや悩みは、東洋医学・西洋医学両方の目でみていけば、必ず原因があります。

その原因をはっきりさせて根本的な改善を一緒に目指しませんか?

あなたの本来ある身体にもどして、理想としていた未来にむかって全身全霊でお手伝いさせてください。

『病や痛みに苦しむたくさんのかたの未来をより明るいものにしたい』という思いを抱いて施術させていただきます。

根本から改善していく、当院の施術をぜひ体験してみてください。

あんさんぶる整体鍼灸院のアクセス情報

 

当院の特徴

荻窪のあんさんぶる整体鍼灸院です。

当治療院は、JRの荻窪駅・地下鉄丸ノ内線荻窪駅徒歩4分という好立地にあります。

JR荻窪駅は、総武線、中央線、東西線が通っており、阿佐ヶ谷、高円寺、中野はもちろん、新宿方面より東側。また西荻窪、吉祥寺はもちろん、三鷹より西側からも利便性がいいと人気の場所です。

地下鉄も丸ノ内線の始発駅となっており、ゆっくり座ってくることも可能です。

またバスも関東バスや西武バスが荻窪駅から発着しており、高井戸、世田谷方面からは、バスを利用して東京電力営業所停留所から歩いて4分ほどですので、バスを利用されるかたも多いです。

お車の場合も近隣に多数コインパーキングもありますし、駅ビルの駐車場を利用してお買い物もすればお得に駐車することも可能です。

当院は、院長ひとりで施術をおこなうので、プライベートが守られます。

さらに完全予約制で、小さなお子様連れでも両隣がお店なので、ガンガンにぎやかにしてもらっても大丈夫です。

当院の治療最大の特徴は、東洋医学・解剖運動学両方から検査をおこない矛盾のない施術を提供することです。

鍼治療の場合は、1本から2~3本程度で施術します。

気の流れも整えるなら少ない本数のほうが整えることができるのです。他院がむやみやたらに鍼を打つのは、局所的な治療の場合がほとんど。

料理人で考えてみましょう。

上手な料理人の場合、味付けはシンプルでも美味しいですよね。すし職人なら、にぎる回数を極限まで減らしていると聞きます。

すし職人

整体治療の場合も、バランスをとることを目的にしています。

全身もみほぐしは、一見気持ちがいいのですが、原因がどこにあるかわからなくなってしまいます。

検査・施術を同時進行でおこなうので、全身触っていきますが、メインでアプローチする箇所は整体の場合も少なくなります。

鍼灸のイメージは、怖い・痛い・熱い(お灸)と思われています。注射のイメージがあるからだと思いますが、比較すると「えっ」というくらい痛くないです。

しかし、極限まで精神的負担や肉体的負担を軽減したいので、少数の鍼にこだわります。

あんさんぶる整体鍼灸院での適応疾患

あんさんぶる整体鍼灸院では、ほかの鍼灸院・整骨院・整体院ではなかなか対応できないさまざまな症状の改善が可能です。

(運動器疾患)
腰痛・坐骨神経痛・五十肩・肘痛・膝痛・関節炎・リウマチ・外傷の後遺症(むちうち打撲・捻挫等)

(アレルギー疾患)
花粉症・アトピー性皮膚炎・アレルギー性鼻炎

(神経系疾患)
肩こり・頭痛・不眠・めまい・神経痛・自律神経失調症・うつ病・パニック障害・統合失調症・頻尿

(婦人科系疾患)
更年期障害・生理痛・子宮内膜症・不妊・逆子・乳腺炎

(消化器系疾患)
胃炎・逆流性食道炎・消化不良・胃十二指腸潰瘍・胃酸過多・下痢・便秘 肝機能障害・痔疾

(循環器疾患)
動悸・息切れ・高血圧・低血圧

(眼科系疾患)
眼精疲労・疲れ目・かすみ目・ものもらい・結膜炎

(呼吸器系疾患)
喘息・風邪・気管支炎

(小児疾患)
夜泣き・かんむし・小児喘息・アレルギー性湿疹・夜尿症・虚弱体質の改善

など様々な症状に鍼灸で対応しております。

これらの症状はWHO(世界保健機構)が発表している鍼灸適応疾患に入っている症状ですが、実際に施術が可能な鍼灸院はかなり限られてしまうのです。

荻窪あんさんぶる整体鍼灸院
タイトルとURLをコピーしました