オスグッド|治し方から予防まで

記事はお役に立ちましたか?シェアは以下のボタンからどうぞ!

スポンサーリンク
オスグッド病

も中学1年のときに悩まされたオスグッド。

正式名称はオスグッド・シュラッター病とよばれ、膝の下あたりの骨が飛び出して痛みます。

小学生でも痛くなり、悩んでいる子供が増えました。

膝の下が痛くなれば、まず病院でレントゲン撮影。早くわかればそのぶん競技への復活も早くできます。もし、ほっておくと競技ができないどころか、大人になっても痛みで苦労するかもしれません。

今回は、成長期の男子に多い、オスグッドについて原因から予防法、治療法やその他の膝障害までお伝えします。

オスグッドとは

正式名称はオスグッド・シュラッター病

オスグッドをもっとくわしく知るならクリック

ふたりの医師の名前から名付けられています。

  • ロバート・ベイリー・オスグッド(1873 – 1956)
  • カール・シュラッター(1864 – 1934)

別々の論文で成長期の膝の痛みに関して発表していたので、オスグッド・シュラッター病(症候群)とよばれるようになっています。

出典:wikipedia

  • 成長期によくおこる膝の障害。
  • 小学校高学年から高校生くらいに多い
  • スポーツをする男子に多い
  • 膝の下あたりが痛く、正座やジャンプして着地するとズキッと痛い
  • 曲げ伸ばしがズキンと痛い

上記のような症状があれば、オスグッドの可能性が高いです。

オスグッドの症状

オスグッド・シュラッター病 引用

画像引用:読売新聞の医療・健康・介護サイト「ヨミドクター」

膝の下を脛骨粗面(けいこつそめん)とよびます。※イラストだと膝蓋腱の付着部

オスグッドは見た目の特徴として、脛骨粗面が出っ張ってきて、押すと痛みを感じます。

残念ながら出っ張った骨は大人になっても残ります。(痛みはありません)

オスグッドの場合、膝の下が痛みます。最初は、スポーツ中やスポーツが終わったあとだけの痛みが、だんだん悪化してくると日常生活でも痛くなります。

  • バレーやバスケットなどのジャンプ動作
  • サッカーなどのストップアンドゴー、ダッシュ、キック動作

オスグッドの特徴的な症状は、膝下の熱感や腫れ、痛みがある。片足だけだったり、両足だったりします。

出典:日本整形外科学会

オスグッドの原因

整形外科にいくと、レントゲン撮影して、「あぁ成長痛だね。部活動は休んで」と言われるかもしれません。

しかし、正確にはオスグッドは成長痛ではありません。 

1.幼少期(2~6歳)の子供が日中遊びすぎて夜に痛みを訴える

表現力が未熟な子供が疲労感を「痛み」として伝えてくる

2.成長期におこりやすい骨端軟骨障害(こったんなんこつしょうがい)

ひざや、かかとなどが痛くなるもの

オスグッドの場合、2の成長期におこりやすい骨端軟骨障害です。

骨端軟骨とは?

骨が成長する部分。骨のはしっこにあり、骨端軟骨がグングン伸びて身長を高くしていきます。骨端軟骨部分には、骨端線とよばれる線があり、レントゲン撮影で映ります。骨端線がなくなっていると身長の伸びが止まります。

  • 骨端軟骨の影響でスポーツをする10歳くらいから15歳くらいまでに膝の痛みが出てきます。
  • オスグッドは、骨の成長に太ももの筋肉(大腿四頭筋:だいたいしとうきん)が追いついていかないことが原因です。

大腿四頭筋はほとんどが骨盤あたりに着いており、膝のお皿(膝蓋骨:しつがいこつ)を経由して、膝の下(脛骨粗面:けいこつそめん)に着きます。動きとして、膝を伸ばすはたらきがあります。

大腿四頭筋

画像引用:クリニカルマッサージ 医道の日本社 P299

スポーツによって、ジャンプやダッシュをくり返すと、だんだん大腿四頭筋に疲れがたまり、じゅうなん性が低下します。その結果、脛骨粗面にある脛骨結節(けいこつけっせつ)を引っ張る力が強くなり、骨の成長軟骨部分に影響して、はく離することでオスグッドになってしまいます。

※大人でも大腿四頭筋には、使いすぎて疲れがたまります。当然じゅうなん性も低下します。しかし、子供と違って痛まないのは、骨の成長が止まっているので骨が出っ張ることもありません。

日本リハビリテーション医学会専門医の林 光俊先生は、

脛骨粗面部は1.5×2.0くらいの大きさしかないため、大腿四頭筋の牽引力によって骨端核の発育が阻害され、剥がれやすく弱い構造

構造的に痛みが出やすいと伝えています。

引用:サポーターのZAMST

オスグッドの診断

1番確実なのは、病院(整形外科)でレントゲン(X線)検査です。その他にも、MRIでも確認できますが、一般的にはレントゲンでわかります。

オスグッドかどうか自分で調べる方法

脛骨粗面

画像引用:クリニカルマッサージ 医道の日本社 P292

自分で確認したり、親御さんが確認したりする場合は、脛骨粗面(けいこつそめん)の圧痛や患部の隆起である程度わかります。

治療院などでは、レントゲンなどの検査はできないので、うつぶせになった状態で、膝を曲げて、かかとがお尻につくかどうか調べます。

でん屈検査

画像引用:筋骨格系検査法 医歯薬出版 P289 

主に大腿四頭筋のじゅうなん性を確認しています。

オスグッドの場合、かかとがお尻につきません。さらに悪化したオスグッドだと膝を曲げるとお尻がプクッと浮き上がります。(尻上がり現象といいます。)

オスグッドと、その他の膝のスポーツ障害の違いを確認する

←←スマホだと左右にスクロールします→→ 

症状 原因 特徴 確定診断
オスグッド 脛骨粗面(けいこつそめん)の圧痛や患部の隆起 骨が未熟な発育期のオーバーユース(使いすぎ) 男子に多く、膝の下がポコッととび出る レントゲン
ジャンパー膝 膝のお皿の上とすぐ下の圧痛 オーバーユース(使いすぎ) ジャンプ、ストップアンドゴーなどで起こる 圧痛の限局で診断可能
ランナー膝(腸脛靭帯炎:ちょうけいじんたいえん) 膝の外側の圧痛 オーバーユース(使いすぎ) 膝の外側が摩擦によって痛む 圧痛の限局で診断可能
鵞足炎:がそくえん 膝の内側の圧痛 オーバーユース(使いすぎ) 膝の内側が痛む 圧痛の限局で診断可能
タナ障害 曲げ伸ばしで引っかかる感じ、違和感や痛み。人に曲げ伸ばしされるとポキっ、コリコリと音がする。膝の前に痛み ケガや使いすぎ 曲げ伸ばしでポキポキとクリック音がする MRI
離断性骨軟骨炎(りだんせいこつなんこつえん) 運動時の痛み。引っかかり感、ズレ感。膝内でゴリッと音がする場合あり。 オーバーユース(使いすぎ) 2:1で男子に多い。大腿骨の85%が内側。15%が外側に起こる MRI
円盤状半月 急な痛みや引っかかり感、伸びない。膝の腫れ 生まれつき 本来三日月型の半月板が生まれつき円盤状。20~30にひとりと言われている。 MRI
膝蓋骨亜脱臼 外側に脱臼して、膝の前や内側に痛み。膝の腫れ。動きが悪い ジャンプ後の着地などで大腿四頭筋が収縮しすぎて脱臼してしまう。 10代の女子に多く20~50%でくり返す レントゲン

スポーツによる膝の慢性障害 引用

画像引用:日本整形外科学会

※右膝正面

① 大腿四頭筋腱付着部炎(ジャンパー膝)
② 膝蓋腱炎(ジャンパー膝)
③ 鵞足炎
④ 腸脛靭帯炎

タナ障害 引用

※タナ障害、右膝

画像引用:徳洲会グループ その他の整形外科疾患もくわしく解説されています。

膝蓋骨亜脱臼 引用

画像引用:専門医のひざ痛チャンネル クリニックが運営するひざ専門サイト。イラストが多くわかりやすいですよ。

※右膝正面

円盤状半月 引用

画像引用:専門医のひざ痛チャンネル 

※右膝真上から通常(三日月)の半月板。円板状半月はドーナツ状になっている。

出典:日本整形外科学会
出典:朝日新聞
出典:順天堂医院
出典:徳島大学整形外科

オスグッドの予防法

オスグッドの予防法として、ストレッチが簡単で、しかも重要です。痛みがあるときはアイシングをおこなう。

できるだけ休むのが1番の薬です

オスグッドの軽い症状(スポーツ後に痛むときがある)

大腿四頭筋(太ももの前)のストレッチ

大腿四頭筋ストレッチ 引用

画像引用:ヨミドクター 読売新聞の医療・健康・介護サイト 専門用語を使わずわかりやすいサイトです。

1セット30秒、2~3セット

大腿四頭筋のひとつ、大腿直筋は下前腸骨棘(かぜんちょうこつきょく)という骨盤の部分に付着しているので股関節から伸ばすストレッチが必要です。

スポーツ後は、膝の下にアイシングをおこないましょう。

大腿四頭筋

※大腿四頭筋とは、内側広筋・外側広筋・中間広筋・大腿直筋、4つの筋肉からできています。

オスグッド中程度の症状(スポーツ後に痛む、日常生活はふつうにすごせる)

大腿四頭筋のストレッチや、アイシング。

運動量を減らす必要あり。サボっていると思われないようにコーチやチームメイトに事前に説明しておくとよいでしょう。

下半身はあまり使わず、上半身のトレーニングや戦術や、理論的なことを勉強する時期にする。

オスグッド重い症状(スポーツ中も痛む、日常生活も痛みを感じる)

軽いストレッチで痛みがあるときは無理におこなわないで医師の支持にしたがう。

下半身を使わないトレーニングか、安静にする。

痛みが落ち着き、ランニングなど再開するときは、芝生の上など膝に負担がかからない場所ではじめる。

急な動き(ストップアンドゴー、ジャンプ)はひかえる。

サポーター

脛骨粗面(けいこつそめん)に対応したサポーターがあります。サポーターはあくまでサポートです。無理はダメですよ。

オスグッドの治療

オスグッドの予防法で大腿四頭筋のストレッチをお伝えしました。この記事を読んでいるあなたは、「すでにストレッチしている」「整骨院で電気治療もしている」そんなかたもいるかもしれません。

ストレッチをしていても改善しない人はたくさんいます。それはなぜか?

身体のバランスが大腿四頭筋や膝への負担が増える状態にあるからです。

1.股関節横にある中殿筋の影響

中殿筋
画像引用:クリニカルマッサージ医道の日本社P281

中殿筋は股関節を内旋させる作用があります。

内旋とは内また・スキーのボーゲンのような状態をあらわします。

内股 内旋肢

股関節から内旋すると膝が伸びにくくなります。曲がった膝はスクワットのような状態になるので、大腿四頭筋への負担が増えてしまいます。

改善方法

中殿筋のストレッチやマッサージ

中殿筋マッサージ
画像引用:クリニカルマッサージ医道の日本社P284

2.体幹の中心的な筋肉、大腰筋(腸腰筋)の影響

大腰筋
画像引用:クリニカルマッサージ医道の日本社P274

大腰筋が縮んだ状態だと腰も伸ばしにくかったり、股関節も曲がったりします。大げさにいうと老人のような姿勢になります。股関節が曲がったままだと、膝関節も伸ばせません。結果的に大腿四頭筋への負担が増えています。

改善方法

大腰筋のストレッチやマッサージ

大腰筋マッサージ

画像引用:クリニカルマッサージ医道の日本社P276

細かい調整ポイントはあります。しかし多くの場合、中殿筋と大腰筋の状態を整えると膝関節への負担が減ります。

大腰筋の状態がよくないと、腰痛になりやすいので、膝も痛いけど腰痛もある人は注意が必要。

この患者さんもそうでした。

517オスグッド

オスグッド病からのスポーツ復帰

キックオフ サッカー

オスグッドの痛みがなくなれば復帰可能。

ただし、

  • いきなりハードなメニューをおこなわない
  • ウォーミングアップやクールダウンの体操やストレッチを入念におこなう
  • サポーターなど着けて練習をする
  • 練習後はアイシングをおこなう

治る期間

安静にしている程度によって個人差はありますが、3ヶ月~6ヶ月を目安にします。

痛みがなくなれば復帰可能。

まとめ

オスグッドは治らないケガや病気ではありません。安静にしておけば痛みも落ち着きます。しかし、スポーツが楽しくておこなっているので休みたくない子供たちが多いです。

オスグッドで数ヶ月部活動を休んでも、長い目で見ると休んでよかったと思えるはずです。今無理をすると、他のケガが発症するかもしれません。

アイシングやストレッチをおこないながら、大人になってもスポーツが楽しめるように休む勇気を持ってください。

成長痛に関してはこちらの記事をご覧ください。

成長痛は膝かかとだけ?対処法と幼児と中高生だと違う特徴とは


荻窪あんさんぶる治療院のトップページへもどる

出典:wikipedia
画像引用:読売新聞の医療・健康・介護サイト「ヨミドクター」
画像引用・出典:日本整形外科学会
引用:サポーターのZAMST
画像引用:徳洲会グループ
画像引用:専門医のひざ痛チャンネル
画像引用:ヨミドクター
出典:朝日新聞
出典:順天堂医院
出典:徳島大学整形外科

スポンサーリンク
広告
広告

記事はお役に立ちましたか?シェアは以下のボタンからどうぞ!

ブログの更新情報はこちらで配信中

スポンサーリンク
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です