こどもの日 菖蒲湯の強い匂いで邪気払い。除痰開竅・醒神健脳・ 化湿開胃中医学効果効能

柏餅漢方薬
スポンサーリンク
今日、五月五日はこどもの日、端午の節句ですね!
こいのぼり、鎧兜、柏餅にちまき、柱で身長を計るなど、いろいろなイベント盛りだくさんで、子供のいる家庭では一大イベントだと思います。端午とは、端の意味、物の端、始まりの意味があり、元々、旧暦の午の月=5月で、この午の月の最初の午の日を節句として祝っていて、のちに5が重なるこの月の5日が端午の節句の日になりました。(軽くダジャレか!?)

柏餅は、子孫繁栄の縁起担ぎがあり、カシワの葉が新芽が育つまでは古い葉が落ちないとこからきているらしいです。ちなみに柏餅の葉は、ほとんど柏の葉を使っていなく、サルトリイバラ科の葉を使うことが多いです。(だまされた!?)

あと端午の節句には、菖蒲湯ですね、強い匂いで邪気をはらうと考えらています。
スポンサーリンク

菖蒲の中医学的な効果効能

菖蒲の中医学的な効果効能

 

ちなみに菖蒲は根茎は食す事ができ、中医学では

性味:温・辛・苦・
帰経:心・胃・脾
効能は
除痰開竅(意識障害・言語障害・痙攣)
醒神健脳(易怒・不眠・健忘・痴呆・耳鳴り)
化湿開胃(食欲不振・胃もたれ・疼痛)
に効果があります。
イメージ 3
いつまでもこどもの心をもっていたいものです(汗)
漢方薬
スポンサーリンク
荻窪あんさんぶる整体鍼灸院

コメント

タイトルとURLをコピーしました