テニスボールだけで、肩のコリコリを解消する方法

記事はお役に立ちましたか?シェアは以下のボタンからどうぞ!

スポンサーリンク

肩にコリコリしたシコリがありませんか?

このコリコリは、首や肩の筋肉がずっと緊張した結果、血液循環が悪くなって(うっ血)、筋肉の中に老廃物が溜まった状態。

コリコリを調べると、患部から電気が発生していて、神経が異常に興奮しています。異常に興奮した神経部分の周りの筋肉がコリコリの原因です。

今回は、このコリコリの正体と、原因の解消方法をお伝えします。

コリコリは専門用語で「トリガーポイント(痛みの引き金)」といいます

トリガーポイント(TP)とは、トリガー=引き金。ポイント=コリコリ。痛みを引き出すコリコリポイントという意味になります。

コリコリ部分を触ると『おー、効く効く』という所があり『痛気持ちいい』という感覚がします。実はそれが『トリガーポイント』です。

痛い部分以外も触ってみると、たとえば、肩が痛む人のトリガーポイントが腕の付け根にあることも多くあります。

トリガーポイントの大きさ

大きさがパチンコ玉から、ウズラの卵くらいのコリコリを探す。直圧ではなく、触りにくい骨裏にあるときも。、ななめなどからも直圧してみてください。

トリガーポイントの活用法

「ペインクリニック(麻酔科)」をご存知ですか? 痛みに関する診療をおこなっており、ペインクリニックでは、トリガーポイントに注射をうつ「トリガーポイントブロック」という治療法もおこないます。鍼灸治療でいうツボもほぼ同じ意味で考えられています。

自分でトリガーポイントを見つけてできるコリコリ解消法

テニスボールなどを使い、30秒以上の適度な圧を、トリガーポイントに加えてやることです。ここで言う「適度な圧」とは、感覚的に「痛気持ちイイ!!」というものです。

肩のコリコリの場合、仰向けになり痛気持ちいい場所にテニスボールをあてがいます。そして、ボールを上下に動かしてトリガーポイントを刺激します。

トリガーポイントの刺激をしていると、「ズーン」と響くような感じの所があります。その場所がトリガーポイントになっているので、その場所で痛気持ちいい圧で、20~30秒間動きを止めてやさしく押し続けます。

コリコリ解消方法のポイント

刺激する時間は長くても一箇所30秒以内にする。

一箇所やり終わったら、ちょっとずらしてマッサージする場所を見つけて、また刺激します。

強い力でおこなうと筋肉は逆に緊張するので注意してください。町中にある整体院や整骨院で、強もみをしているお店の施術は、筋肉を緊張させて質を悪くします。

肩回し運動をプラスして肩のコリコリを解消する

1.立ってでも、座ってもどちらでもOK。両ひじを肩の高さに上げ、さらにできるレベルでひじを上げ、肩甲骨を上げる。手は鎖骨のあたりにおきます。

2.両ひじは下げないようにキープ。ゆっくり5秒かけてひじを後ろに引く。肩甲骨を背骨に近づける“肩甲骨をはがす”意識でおこなう。

3.背骨に肩甲骨を寄せたまま、ひじをおろして力を抜く。5回を1セット。仕事の合間や家事の合間におこないましょう。

スポンサーリンク
広告
広告

記事はお役に立ちましたか?シェアは以下のボタンからどうぞ!

ブログの更新情報はこちらで配信中

スポンサーリンク
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です