タバコ1日10本で発症リスクが20%アップする腰のヘルニア

記事はお役に立ちましたか?シェアは以下のボタンからどうぞ!

スポンサーリンク

腰の椎間板ヘルニアでは腰やお尻が痛くなり、足にしびれや痛みが放散します。

人によっては、

  • 腰痛なしで歩行症状だけ
  • 足に力が入りにくい

腰痛だけがヘルニアではないとわかります。

そんな腰の痛みに関係するヘルニアですが、タバコを1日20本する人では、椎間板ヘルニアによるリスクが20%アップすると報告されています。また、職業別では重労働の方が事務作業よりも発生率が高いようです。

腰の痛みや足に力が入らない理由

変性した椎間板が、神経の箇所にはみ出てくるのが原因です。

腰痛になる病気としてもっとも有名で、学生から高お年寄りまで広く発症します。

年齢的に多いのは20~40歳です。

性別は、男性のほうが多く女性に比べて2~3倍なりやすいです。

腰の痛みの原因にもなる椎間板ヘルニアになるかは、まだ解明されていません。

遺伝的な要因が存在すると言われています。

※遺伝的と言われていますが同じ環境や生活様式は複雑に絡み合っている考えられます。

椎間板ヘルニアそのものはレントゲンには映りません。しかしレントゲンを整形外科で撮影することは他の病気と鑑別するために有効です。当院でも慢性的な腰痛で治っていないのに一度も病院に行っていない患者さんには、1度病院に行くことをすすめています。

1番簡単に椎間板ヘルニアを診断できる検査はMRIです。仮にMRIでヘルニアが見つかってもその大きさで重症度が決まるものではありません。

  • 大きくても痛くないヘルニア
  • 小さくても痛いヘルニア

どちらもあります。

ヘルニアは「突出する」という意味がありますが、飛び出てしまう場所は脊柱管です。脊柱管の外で椎間板の後側方にはみ出るタイプが外側ヘルニア。

腰痛よりも強い足の痛みを状伴うのが特徴です。また、概則ヘルニアは頻度が低く時に見逃されやすいのも特徴です。

90%以上は手術の必要がない

椎間板ヘルニアは90%以上の確率で、手術しなくても自然としぼんで、症状もなくなります。したがって薬物療法・理学療法・神経ブロックなどの保存的療法が病院でおこなう主な治療法です。

発症して2~3ヶ月たっても痛みが全く良くならなかったり、むしろ悪くなったりする場合や、仕事やスポーツに影響及ぼす場合には、お医者さんに相談しましょう。

自分で尿を出すことができなくなった場合(残尿感)や重度の足の筋力低下を認める場合には、できるだけ早い時期に手術が必要。

椎間板ヘルニアの痛みの理由

「神経圧迫」+「炎症」と考えられます。

すなわち、神経が圧迫されていても炎症がなければ痛みは発生しないと言うことです。

これは神経一般に当たったります。腰痛は無いのに、人間ドックで椎間板ヘルニアが見つかったりするのはその一例です。

実際、テレビ「ためしてガッテン」でも実験していましたが、ヘルニアになっている人でも腰痛すらない人が存在していました。

牽引してヘルニア改善効果は低い

牽引することでヘルニアが引っ込んだり、背筋が伸びると思っている人がいます。でも原因ってそういうものじゃないんです。人間の体はゴムじゃありませんから、引っ張って伸びる事はありません。もちろん、ヘルニアが引っ込むこともありません。

ヘルニアでよくある骨盤牽引

整形外科に行くと、おじさんがベッドに寝てリハビリとして骨盤牽引をやらせているとこを見たことありませんか?

病院に勤めていたときや、現役の整形外科医も言っていますが、厳密な意味で牽引はリハビリにはなりません。

やったからよくなるとほとんど聞いたことありません。

そもそも何回位やったら良くなるとか治ると言う目安が全くないんです。

  • 引っ張って気持ちが良い
  • 何の変化もない
  • 悪化する人

いずれかになるでしょう。

暇な人はとりあえずやってみるのもよいでしょう。ちょっとしたストレッチ効果?その場限りのいわゆる「癒し」です。



スポンサーリンク
広告
広告

記事はお役に立ちましたか?シェアは以下のボタンからどうぞ!

ブログの更新情報はこちらで配信中

スポンサーリンク
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です