朝起きると腰が痛く辛い【かがむと腰痛悪化】30代男性の1症例

朝起きると腰が痛く辛い【かがむと腰痛悪化】30代男性の1症例

最初はどのような症状がありましたか?

10日位前から腰が痛く、朝起き上がる時が痛く

上記の症状はどのように良くなってきましたか?

痛みはだいぶとれ、朝起きる時の痛みはなくなりました

同じような症状で悩んでいる患者さんへのアドバイスやメッセージがあれば教えてください

一度整体等を受け、先生のアドバイスを聞き、家などでストレッチをしてみたら改善すると思います

お名前

年齢 30代

性別 男

朝起きると腰が痛く辛い【かがむと腰痛悪化】30代男性の1症例

朝起きると腰が痛く辛い【かがむと腰痛悪化】30代男性の1症例

電気通信などの現場をされています。慢性的な腰痛はありましたが、年々ひどくなって朝起きるのがめちゃくちゃ痛い。他院のマッサージは通っているそうですが、一度当院で改善できるか診て欲しいと来院されました。

朝起きると腰が痛く辛い【かがむと腰痛悪化】30代男性の整体治療的な検査

上半身左傾き、右ねじれ、下半身左ねじれ

左肩に挙上制限あり

猫背

朝起きると腰が痛く辛い【かがむと腰痛悪化】30代男性の整体治療

1回目

整体治療にてバランスをとりながら施術

感想:かなりよい!


2回目1週間後来院

腰調子いい!

整体治療で施術

調子がいいので3週間後の来院指導

朝起きると腰が痛く辛い【かがむと腰痛悪化】30代男性の考察

男性の慢性的な腰痛の典型的な例でした。

  • 1.腰の筋緊張が強い状態→筋力で姿勢をキープしている。
  • 2.朝腰が痛い→寝具の影響(マットレスのへたり)
  • 3.腰(背部)だけのマッサージや指圧により、力で腰の筋肉をほぐそうとしている。

2について確認し忘れましたが、1と3は該当していました。

筋肉は屈筋(曲がる側)と、伸筋(伸ばす側)の張力によって姿勢を決めます。

腰の緊張が強い=伸筋の緊張が強い=屈筋側の緊張も強い

ということになります。

バカみたいに腰だけマッサージや鍼をしても伸筋側だけのアプローチにすぎません。血流の改善などで一過性でも緊張はとれるかもしれませんが、拮抗する屈筋の緊張が取れなければ元に戻ります。

朝起きて腰が痛む場合、寝具のへたり→寝返りが少なくなり固まった状態→就寝時の血流低下による腰の冷え→結局腰固まる

という場合が多いです。

慢性的な腰痛の方で、マットレスを上下表裏変更していないなら一度確認してみてください。

タイトルとURLをコピーしました