脚のしびれがきつく我慢できない【疼痛回避姿勢】ヘルニアで来院した30代男性の1症例

脚のしびれがきつく我慢できない【疼痛回避姿勢】ヘルニアで来院した30代男性の1症例
スポンサーリンク

最初はどのような症状がありましたか?

脚のしびれがきつくて我慢できなやったです。

上記の症状はどのように良くなってきましたか?

治療後しびれが治まりつつあり、日常の行動が少し楽になってきました。

同じような症状で悩んでいる患者さんへのアドバイスやメッセージがあれば教えてください。

説明が明白でわかりやすく、対処がしやすいと思います。

スポンサーリンク

脚のしびれがきつく我慢できない【疼痛回避姿勢】ヘルニアで来院した30代男性の1症例

脚のしびれがきつく我慢できない【疼痛回避姿勢】ヘルニアで来院した30代男性の1症例

お名前

ご年齢 30代

性別男

職業 公務員

 

はじめて来院されたときは、腰をかがめて脚を引きずるような状態で来院されました。

右足すべてがしびれているとのこと。かなり限界までがんばったようです。

整形外科を受診しており、腰椎4番目5番目のヘルニア。1日3回痛み止めと神経ビタミンを服用。そしてリハビリとして腰のけん引をおこなっていたそうです。

  • 既往歴:坐骨神経痛
  • 仕事はデスクワークが主。

痛み止めは鎮痛できるので、ある程度の痛みは抑制できます。ただし、今回のように治ったわけではなく少しずつ悪化していくことがあります。

脚のしびれがきつく我慢できない【疼痛回避姿勢】の鍼灸治療的な検査

脈:沈弦

舌:暗紫、舌尖紅、白黄膩苔

脚のしびれがきつく我慢できない【疼痛回避姿勢】の整体治療的な検査

上半身左傾き右ねじれ、下半身左ねじれ

無理に体でかばっているので、左わき腹の筋緊張(++)

脚のしびれがきつく我慢できない【疼痛回避姿勢】の整体鍼灸治療

大椎

うつ伏せでほとんどいられない。

右股関節の調整

左陽陵泉

整体治療にて体幹の調整

感想:何も変わらずめちゃくちゃ痛いまま。


2回目3日後来院

痛み止め飲んで少し楽。姿勢は気をつけている

大椎

うつ伏せでの調整は極短時間で終わらす。

左陽陵泉

右脚井穴1.4.5指

感想:少しまし?


3回目4日後来院

鈍痛はなくなった

大椎

左陽陵泉

右脚井穴1.4.5指

整体治療にて体幹の調整


4回目4日後来院

だいぶいいと思う。とのこと。

大椎

左陽陵泉

右脚井穴1.4.5指

整体治療にて体幹の調整


5回目5日後来院

大椎

左陽陵泉

右脚井穴1.4.5指

整体治療にて体幹の調整


6回目6日後来院

だいぶいい。昨日は1日コルセット無しで仕事ができた。

右委中

大椎

右脚井穴1.4.5指


7回目13日後来院(年末年始のため)

だいぶいい。同じ姿勢で仕事しても痛みが少ない。

委中右

大椎

右脚井穴1.4.5指

左陽陵泉

左太谿


8回目6日後来院

電車に座っていて、横に人がいると脚を閉じるのでしびれがでていたが、今日それはなくなったいた。

右委中

大椎

左陽陵泉

右1.4.5指

右三陰交


9回目10日後来院

10日間空けてみた。まっすぐ歩行するとビリビリが少し出ていた。

だけど、昨日は卓球。一昨日はバレーボールをした。

大椎

整体治療にて右股関節の調整

左陽陵泉

右1.4.5指

整体治療にて体幹の調整

右三陰交


10回目10日後来院

忙しかったが普通に歩けるようになった。まっすぐ立つと痛みが出ていたが、今はどんどんやわらいでいくようになった。

委中左

大椎

左陽陵泉

右1.4.5指

整体治療にて体幹の調整

右三陰交


11回目5日後来院

雪が降り、雪かきをしたが大丈夫だった。筋肉痛はある。

委中右

大椎

左陽陵泉

右1.4.5指

整体治療にて体幹の調整

右三陰交


12回目15日後来院

調子いい。

やっとバランスが上半身右傾き右ねじれに変わった。

大椎

右陽陵泉

右1.5指

右太谿

整体治療にて体幹の調整


13回目2週間後来院

だいぶいい!

委中右

大椎

整体治療にて右股関節の調整

右陽陵泉

整体治療にて体幹の調整


14回目11日後来院

大椎

整体治療にて右股関節の調整

右陽陵泉

右5指

右太谿

整体治療にて体幹の調整


15回目10日後来院

久々に整形外科でレントゲン撮影。骨は曲がっていると言われた。だけど痛みは出ていない。

大椎

整体治療にて右股関節の調整

右陽陵泉

右太谿

整体治療にて体幹の調整

このあとから、部署が変わったので2週間に一度の来院で調整。

脚のしびれがきつく我慢できない【疼痛回避姿勢】の考察

男性は筋肉があるため、激しい痛みでも体を酷使してしまう人がいます。

とくに痛み止めによって、感覚が鈍感になりあるとき痛みのレベル(閾値)が変わったと考えてます。

体のバランスを優先して、痛みのある右脚には鍼をほとんど刺さずに調整していきました。

タイトルとURLをコピーしました