育児中のぎっくり腰【妊娠中にも一度あり】30代女性の1症例

育児中のぎっくり腰【妊娠中にも一度あり】30代女性の1症例
スポンサーリンク

最初はどのような症状がありましたか?

腰痛、立のも歩くのもつらい状態だった

上記の症状はどのように良くなってきましたか?

治療後は腰の痛みがなくなった。

股関節も辛い状態だったが、楽になった

同じような症状で悩んでいる患者さんへのアドバイスやメッセージがあれば教えてください。

ストレッチ法を 教えていただけるので、それを実践したほうが良い。

お名前

ご年齢 30代

性別 女

職業 会社員

スポンサーリンク

育児中のぎっくり腰【妊娠中にも一度あり】30代女性の1症例

5日前にぎっくり腰になり、最初左側だったものが、今は両方いたくて、立つのも歩くのも辛い状態。

育児中のぎっくり腰【妊娠中にも一度のあり】30代女性の1症例の整体治療的な検査

上半身右傾き右ねじれ、下半身は右ねじれで仰向けになると左に変わる。

育児中のぎっくり腰【妊娠中にも一度あり】30代女性の1症例の鍼灸治療的な検査

特記事項なし

育児中のぎっくり腰【妊娠中にも一度あり】30代女性の1症例の整体鍼灸治療

大椎

右陽陵泉

左右の体幹の調整

座位

腰椎5番

左力鍼穴

感想:かなりよい


2回目2日後来院

立ち上がる動作での痛みなくなった。

長時間座っていると右腰(おしり)が痛くなる。

大椎

左陽陵泉

左右の体幹の調整


3回目5日後来院

右股関節付近の痛みだけになってきた。

大椎

右陽陵泉

左右の体幹の調整


4回目2週間後来院

だいぶ楽。昨日お出かけ長時間して右腰がはっている。

大椎

右陽陵泉

右中殿の調整

左右の体幹の調整

感想:OK

育児中のぎっくり腰【妊娠中にも一度あり】30代女性の1症例の考察

育児中のママです。2ヶ月半の男の子がいて、毎日休む暇もありません。疲れもピークだったのでしょう。ぎっくり腰になってしまいました。

最初は右側だけだった痛みが来院したときは、両方に痛みがありました。

右の股関節が異常をおこしていたので、抱っこの姿勢や授乳中の姿勢で右股関節から腰への負担が大きくなったようです。

バランスを確認して施術やセルフケアをお伝えするので、忙しい育児中のママへのアドバイスもできたと思います。

妊娠中~産後の腰痛でお悩みならお気軽にご相談ください。

タイトルとURLをコピーしました