脱臼癖があり、それから肩こりや首コリ、肩があがらない状態を鍼灸治療で改善した一例

脱臼癖があり、それから肩こりや首コリ、肩があがらない状態を鍼灸治療で改善した一例鍼灸・整体クチコミ
スポンサーリンク

20代
性別男
ス ポーツ 弓道

最初の症状は?
たまに肩が外れる事がありそれをかばう感じで肩がこるようになった。

上記の症状はどのように良くなってきましたか?
前は他の整体で見てもらっても2.3日ぶり返してきたが 今はなくなってきた。

同じような症状で悩んでいる患者さんへのアドバイスやメッセージがあれば教えてください

その部位が悪ければそこだけを見るのではなく、体全体を見て頂けるし、アドバイスも頂けるので悩んでいる方は来院してみるといいです!!


右の肩を過去に脱臼して、それからも時々脱臼してしまい、最近は自分で肩を入れることができるほど、肩が緩んでしまっている男性です。
後ろ姿を診ると、幼稚園児でもわかるくらい、右の肩が大きく隆起しており、脱臼+弓道で肩を酷使しているのがわかります。
※大学で弓道部の監督をされています。

スポンサーリンク

肩のこりや首こり、肩があがらない症状以外の悩み

頭が重い、手足が冷える、

肩のこりや首こり、肩があがらない症状を東洋医学的に診断すると

とくに目立ったものはなく、舌苔が黄色、淡紅舌という状況。

肩のこりや首こり、肩があがらない症状を解剖運動学的に診断すると

右への傾きとねじれが強く、腰から下は反対側にねじれが出ている状態。
右肩はあがりにくく、前頚部に痛みあり。

初回の鍼治療
大椎、右股関節調整、右陽陵泉、右曲池
初回終了がイイ感じとのこと。
体幹と股関節のセルフケア、前頚部のマッサージを指導。

2回目4日後来院
だいぶいい! とのこと。
右肩甲骨周辺の腫れが引いてきて、右広背筋の隆起が目立ってきた。
今回は、左肩のほうがあがりにく。
2回目の鍼治療
大椎、右股関節調整、右陽陵泉、左曲池

3回目10日後来院
かなりよく、別の場所右ふともも前の痛みを訴える
多くの人が調子がよくなってくると、別の場所に痛みや違和感を覚えます。
今回も左肩のほうがあがりにくい。

3回目の鍼治療
大椎、右股関節調整、右陽陵泉、右曲池

4回目2週間後来院
4回目の鍼治療
大椎、右股関節調整、右陽陵泉、右後谿

右肩甲骨周辺の腫れも落ち着き、右肩こりや首コリも落ち着く。痛みや違和感が左肩に集中してきたので、治療プラン変更。

5回目以降、月に一度の鍼施術で左肩も落ち着きました。

体のバランスが崩れると、痛む箇所以外も痛くなります。
今回は、右肩の脱臼から体のバランスを崩されたのが痛みにつながったと考えられます。

だから基本は、体のバランスを整えること。そうすることで、無理に酷使していた肩の負担が減り、痛みが軽減していくことができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました