頸椎性脊髄症の手術を受けた後、体のバランスが崩れ腰痛が出てきた

記事はお役に立ちましたか?シェアは以下のボタンからどうぞ!

スポンサーリンク
頸椎性脊髄症の手術を受けた後、体のバランスが崩れ腰痛が出てきた

Q:何が決めてとなって、「あんさんぶる治療院」に来店されたのですか?

頸椎性脊髄症の手術を受けた後、体のバランスが崩れていた。さらに最近は腰痛が出てきた。

Q:「あんさんぶる治療院」に来店する前は、どんなことで悩んでいましたか?

体のバランスが崩れていて、しっかりまっすぐ歩けない。左手の薬指と小指のしびれをなくしたい。左腰の腰痛。

Q:実際に「あんさんぶる治療院」の施術を受けられていかがですか?

大分しっかり歩けるようになってきた。左腰が外側に向くようになってきた(スキーに大切)

腰痛がかなり引いてきた。

声量が上がり、音程も上がってきた。低音を出せるようになってきた。

Q:同じような症状で苦しんでいる患者さんへのアドバイスやメッセージをお願いします。

体を柔らかく、バランスよくすることは、悩みの症状を治せる根本だと認識することの大切さ!

これが声楽にも役立つことの発見は嬉しさ倍増である。


70代の男性。
スキーの転倒をきっかけに頚椎性脊髄症と診断されて、手術。
手術は無事に終了したが、左手薬指と小指にしびれが残っていました。

さらに、手術の影響かは不明ですが腰痛がでていました。
それにともない、ももとふくらはぎにしびれがあるとのこと。

手術後
マッサージ、整骨院、整形外科に通院しましたが、変化がなかったとのこと。
娘さんがちょうど通院していたので、紹介にて埼玉県から来院されました。

バランスをみると
左に傾き・左に振り向きやすく、股関節は右側が開きやすい。

東洋医学的にいうと、
陰虚タイプ。同年代のかたよりはるかに筋肉質。

初回は4箇所への鍼で終了。
手のしびれに効果のあるツボを教えて、セルフケアをおこなってもらいました。

1週間後来院。
指のしびれはかなり改善したとのこと。
さらに声楽をやられていますが、声が出しやすくなったとおっしゃっていました。

2回目は5箇所への鍼で終了。

今回はふくらはぎのしびれが気になるとのこと。
指の状態がよいからだと思われます。

3回目は4箇所への鍼で終了。

6回治療をおこない、日常生活に支障がなくなり、通院ペースを1週間から2.3週間に変更。

最終的には指のしびれより、腰痛の治療がメインになってきました。

スポンサーリンク
広告
広告

記事はお役に立ちましたか?シェアは以下のボタンからどうぞ!

ブログの更新情報はこちらで配信中

スポンサーリンク
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です