腰と左膝が痛い【50代主婦】の整体治療の1症例

腰と左膝が痛い【50代主婦】の整体治療の1症例
スポンサーリンク

最初はどのような症状がありましたか?

腰 ひざ

上記の症状はどのように良くなってきましたか?

腰の痛みが軽くなった。ひざも良くなってきた。

同じような症状で悩んでいる患者さんへのアドバイスやメッセージがあれば教えてください。

お腹をへこまず姿勢か良い

お名前

年齢 50代

性別 女

職業 主婦

スポンサーリンク

腰と左膝が痛い【50代主婦】の整体治療の1症例

腰と左膝が痛い【50代主婦】の整体治療の1症例

腰と左膝が痛い【50代主婦】の整体治療の1症例

家族の紹介で群馬県の高崎市から来院。普段から整形外科に通院して腰や膝の治療は受けているとのこと。2ヶ月前から腰がとくに痛くなり、東京にしばらく滞在するので何とかならないかと相談されて施術しました。

腰と左膝が痛い【50代主婦】の整体治療的な検査

上半身右傾き右ねじれ、下半身左ねじれ

過去に左膝の靭帯を損傷している。

前傾姿勢で背中や腰がパンパンに張っている。

腰と左膝が痛い【50代主婦】の整体治療

整体治療にてバランスをとりながら施術。

感想:いい感じです。

当院の整体は、腰を指圧のようにマッサージすることはありません。


2回目3日後来院

左膝はちょっとよくなった。

腰はずいぶん軽くなった。

感想:へその裏辺りの背中が硬い感じする。


3回目4日後来院

腰はだるい程度、膝もまずまずでちゃんと歩ける。花粉症が気になる。

右肩甲骨の間にコリ感ある

整体治療+耳つぼでの花粉症治療

感想:鼻のとおりがいい。


4回目1年後来院

状態はまずまず、肩のこりを感じる。

整体治療で施術。

自宅でのお灸のやり方を指導。

腰と左膝が痛い【50代主婦】の整体治療の考察

整形外科ではの治療は、主に温熱療法(ホットパック)と電気治療だったそうです。

私自身も最初に病院勤務経験もあるのでわかるのですが、電気治療や温熱療法だけと、よくなるものもダメになっていく印象です。

今回の女性も左膝は靭帯損傷の過去があり、若干伸展障害(膝が伸びない)がありました。

その結果、ふともも前の筋肉(大腿四頭筋)の緊張や疲労につながり、お皿を通常の位置より、持ち上げている状態でした。

自覚としても、左の股関節に違和感を覚えていらっしゃいました。

腰や肩は前傾姿勢の結果からでしょう。

構造的に損傷したものは修復できませんが、安定化させることは可能です。

  • 第1段階→バランスをとり、日常生活で負担の出ない歩き方を徹底してもらう。
  • 第2段階→セルフケアで疲れが溜まりやすい部位と認識して、マッサージやお灸をおこなう。
  • 第3段階→セルフケアをおこないながら筋肉をつけていく。

バランスが整っていないのにリハビリをしても、痛みを悪化させる可能性もあります。

無理をせず、まずは自分の可動域を確認しながら日常生活を過ごすことが大切でしょう。

体のバランスは個々で違うので、伝えられません。しかし、共通しているのは「痛みがあるときは、良い姿勢にしてはいけない」ということ。

楽な姿勢で過ごしたり歩いたりする必要があります。

慢性的な膝の痛みや腰の痛みならお気軽にご相談ください。

タイトルとURLをコピーしました