温める肩こり冷やす肩こりはどっちが良い

記事はお役に立ちましたか?シェアは以下のボタンからどうぞ!

hariqq

ここ数年、肩凝りや腰の痛みが気になるようになりました。一応こうした凝りや痛みは自分で揉みほぐしたり市販の軟膏や湿布を使って対処しているのですが、大して効果を感じられないのが現状です。

ただ入浴時に湯船に浸かっている時に肩や腰を軽くマッサージすると、多少はラクになります。

そこで疑問を感じたのですが、体の凝りを温めるというのは正しい方法なのでしょうか?また市販の湿布にも温湿布と冷湿布の二種類ありますが、これの使い分けもいまいちよくわかりません。

私自身が湿布を使う時にもどちらが良いのかわからず、その時々で温と冷湿布をばらばらに使っています。

肩凝りや腰痛には温める方法と冷やす方法どちらが正しいのか、さらに自分でできる簡単な凝りをほぐす方法などがあれば教わりたいと思います。お願いいたします。

肩こり腰痛は温めるのか?冷やすのか?この悩みへの回答をお願いします。

と、提携しているサイト管理人の方から連絡がありました。

現役鍼灸師の意見を述べさせていただきます。

はりきゅう知恵袋解決済み

肩こり、腰痛、頭痛もズキズキする痛みなら冷やす

詳しく解説していきます。

ズキズキという表現
主に炎症性の痛みになります。

  • 肩こりの場合使い過ぎる。(肉体労働やスポーツ)
  • 頭痛の場合、片頭痛。
  • 腰痛の場合、ぎっくり腰(急性の腰痛)

上記の場合、冷やすと痛みが軽減します。

冷湿布と温湿布の使い分け

どちらも本当に冷やす作用、温める作用はありません。
冷感湿布、温感湿布になります。

冷感湿布の成分はメントール、ハッカ油、サリチル酸メチル、「ス~っ」と感じる成分ですね。

温感湿布の成分はカプサイシン成分、とうがらしエキス、合成トウガラシ成分(ノニル酸ワニリルアミド・ニコチン酸エステル)、温かく感じます。

どちらが良いかわからない場合、痛みを抑える作用は同じなので、気持ちよさで選ぶと良いです。

ただ肌が弱い人、かぶれやすい人は温湿布は止めておいた方が良いです。刺激が強く肌トラブルの原因にもなります。

フェルビナクやモーラステープなど茶色い湿布は?

ひと昔前の湿布は白い湿布でハップ剤・パップ剤と呼ばれます。薬効部分はぷにぷにしていて水分を多く含んでいます。
肌への刺激は少ないです。ただ固定できないのでテープなどで固定が必要です。

最近は茶色い薄い湿布が主流になっています。
プラスター剤と呼ばれます。
インドメタシン・フェルビナクなど痛みを止める効果が高い成分を配合しています。

粘着性が強くそのまま貼れます。

ケトプロフェン含有の湿布は日光に当たる場合注意が必要。モーラステープには含まれています。

貼ったまま紫外線を浴びると色素沈着してしまう可能性があります。

【第2類医薬品】ビーエスバンFRテープV 40枚

肩こりを冷やす場合

主に肉体労働後の痛みです。
簡単にいうと、筋肉痛ですね。


野球選手が肩を冷やしたり、サッカー選手が膝を冷やしたりします。

使い過ぎると炎症がおきます。肩周辺の筋肉を使い過ぎると炎症により痛み、ハリ感がでてきます。

時間的な余裕があるなら
作業後すぐに氷水などで冷やすのが良いです。

肩こりを温める場合

主に血流不全です。

  • 肩を動かすコトが少ない
  • 肩を同じ状態で使う作業

運動不足やパソコン作業による肩こりです。

カイロを貼ったり、お風呂に入ると「こり」が軽減します。

-shared-img-thumb-hotel_yubune20150221103906_TP_V

湿布に関しては冷感・温感どちらでも良いですが、肩周辺は紫外線が当たりやすいので日光過敏症や色素沈着には注意しましょう。

頭痛を冷やす場合

片頭痛の場合は冷やすと痛みが軽減します。

片頭痛とは

脳の血管が何かの原因により急激に拡張しておきます。
血管が拡張するので頭の神経を刺激してしまい痛みが増してしまいます。他にも前兆症状があったりと症状も様々です。

片頭痛の原因は色々です

  • 緊張から開放される休みの日
  • 寝すぎ
  • 寝不足
  • ホルモンの変動
  • 疲労
  • 光線や大きな音、不快な音による刺激

片頭痛の痛みの感覚

片頭痛はズキズキ脈打つ感じがします。
ひどい場合は吐き気もでてきます。

チョコレートやチーズ、赤ワインなど食品が引き金になり片頭痛になる場合もあります。
片頭痛にも鍼灸は有効ですが、あんさんぶる治療院の場合、一度も病院の受診をされていない方には受診をおすすめしています。
片頭痛の場合は冷やします。

湿布よりは冷たいタオルや保冷剤などで痛む場所やこめかみ、首の後ろを冷やすと良いでしょう。
血管を収縮させ痛みの軽減につながります。

頭痛を温める場合

緊張型頭痛と呼ばれる症状の場合、温めます。

緊張型頭痛とは

頭の筋肉や肩や首の筋肉の緊張からおきます。

緊張型頭痛の原因

肩こりや首こりが原因の場合が多いです。

肩や首の筋肉の緊張が頭まで伝わって痛みます。

ストレスや目の使いすぎも緊張型頭痛になります。

f4752f1bee00f7f09dfeeb79b1076862_s (1)

緊張型頭痛の痛みの感覚

  • 頭が絞められる感覚
  • 孫悟空の輪っかのようにぐるっと絞められる

緊張型頭痛の場合、筋緊張が主な原因なので温めると痛みが軽減します。
肩や首の緊張が軽減すると頭痛も軽減します。

片頭痛の場合は温めると悪化する場合がありますが、緊張型頭痛の場合、冷やしても悪化する場合はあまりありません。

腰痛を冷やす場合

魔女の一撃といわれるぎっくり腰の場合や、肩の場合と同じく、肉体労働やスポーツ後の痛みです。


ぎっくり腰の場合、主に2種類あります。

  • 筋肉の線維が切れる、筋筋膜性腰痛
  • 腰の骨がズレる、椎間関節性腰痛

同時に起こる場合もあります。

とくに筋線維が切れる筋筋膜性腰痛の場合、炎症が激しく出現するので氷水や保冷剤で冷やします。

湿布だと冷やす作用が弱いので自宅で安静にできるならガンガン冷やす方が良いです。

炎症性の痛みは72時間(3日間)続くと言われているのでズキズキを感じる間はしっかり冷やしましょう。

腰痛を温める場合

慢性的な腰痛の場合です。

肩こりと同じで長時間の同じ姿勢、座りっぱなしのパソコン作業で腰痛になる場合は温める良いでしょう。

-shared-img-thumb-SEP_355215221321_TP_V
根本的な解消には適度な運動が必要です。

お手軽だけどホントは怖い湿布の話

湿布、とく薄く茶色い湿布は痛みを抑える作用(鎮痛)が強いです。
貼ると痛みが軽減される場合が多いです。
しかし、痛みは身体からのシグナルです。痛みを感じないのは短期的にみると喜ばしいコトですが、長期的にみると怖いです。
痛みを感じない→無理ができる→ますます悪化する→痛みを感じてくると治りにくくなる。

湿布薬や服用の痛み止めを使用していると、だんだん効かなくなる。

そんな話を聞いたことありませんか?

薬効への耐性がついたとも考えられますが、痛みを止めて無理をし過ぎたため、身体が悪化した場合も考えられます。
あんさんぶる治療院では身体のバランスを確認しているので慢性的な腰痛や肩こりの原因を分析して施術しています。

はりきゅう知恵袋ベストアンサー

スポンサーリンク

記事はお役に立ちましたか?シェアは以下のボタンからどうぞ!

ブログの更新情報はこちらで配信中

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です