ツボを押しても効果が無い。はりきゅうも効果は無いのですか?

スポンサーリンク

hariqq

本屋さんやインターネットで調べるとたくさんツボを押して◯◯改善!

そういう内容の記事を良く見かけます。

ツボを押しても効果がありません。はりきゅうも効果は無いのですか?

 

 

はりきゅう知恵袋ベストアンサー

 

 

質問に対する答えですが、

効果はほとんど無いです。

 

あっ!言い切りました!

なぜならば、ツボはある一定の条件が整ったとき、「はじめてツボの効果を発揮」します。

 

関連記事
痩せるツボ厳選39穴!現役鍼灸師が【本音】で語る部位別のオススメ

スポンサーリンク

ツボはなんでも押せば良い!そんな簡単なものではありません。

鍼灸師としての意見です。

例えば、

医学古典の下痢に関係する一文です。(もっともっとたくさーん古典はあります。)

 

データ

鍼灸資生経・第三

全七巻

著者:王執中撰

時代:12世紀末成

  • 神闕は下痢を止める
  • 天枢は冬に寒を度々うけたことによる下痢、臍の辺りの痛み、胃腸の間を動く切痛を主治。
  • 心腹痛のあと下痢をすれば、それは寒気が腸の間に宿ったもので、関元に灸を百壮すえる。

 

神応経・腸痔大便門

全1巻

著者:劉瑾編

時代:1425年刊

  • 暴泄は隠白

 

鍼灸大成・巻九

全10巻

著者:靳賢撰

時代:1601年刊

  • 大便の下痢が止まらなければ、中脘、天枢、中極

下痢に関するツボを医学古典からピックアップすると
神闕(しんけつ):へその中央
天枢(てんすう):へその中心にある神闕の両脇二寸にある
関元(かんげん):へその下3寸
隠白(いんぱく):足の第1指内側爪甲根部、爪甲の角を去ること1分
中脘(ちゅうかん):神闕穴の上4寸にある
中極(ちゅうきょく):恥骨の上1寸

 

ざっと6箇所のツボが出てきました。
医学古典はもっとたくさんあるのでこれだけではすみません。

ツボだけでも足三里、梁丘、大腸兪・・・。

 

文献名巻数著者成立年もしくは刊行
黄帝内経素問24巻後漢中期ごろ
黄帝内経霊枢24巻後漢初期ごろ
黄帝八十一難経2巻後漢末期ごろ
王叔和脈経10巻王叔和撰252年
黄帝三部鍼灸甲乙経12巻皇甫謐撰280年ごろ
肘後備急方8巻葛洪撰4世紀初
備急千金要方30巻孫思邈撰630年ごろ
黄帝内経太素30巻楊上善撰注650年ごろ
黄帝内経明堂13巻楊上善撰注650年ごろ
千金翼方30巻孫思邈撰680年ごろ
外台秘要方40巻王燾撰752年
黄帝内経素問次註24巻王冰次注762年ごろ成
医心方30巻丹波康頼撰984年成
太平聖恵方100巻王懐隠撰992年刊
銅人腧穴鍼灸図経3巻王惟一撰1026年成
政和聖済総録200巻徽宗皇帝勅撰1118年成
鍼灸資生経7巻王執中撰12世紀末成
扁鵲心書竇材南宋
素問遺篇10世紀末ごろ
西方子明堂灸経8巻西方子撰12世紀末成
備急灸法聞人耆年1226年
黄帝明堂灸経不分巻1312年刊
子午流注鍼経不分巻閻明広撰注1153年成
鍼経指南不分巻竇黙原作1311年刊
潔古雲岐鍼法杜思敬輯
鍼灸摘英集杜思敬輯
鍼経節要杜思敬輯1315年
灸膏肓腧穴法1巻荘綽1312年刊
扁鵲神応鍼灸玉龍経1巻王国瑞撰13世紀末
十四経発揮3巻滑寿撰1341年成
医経小学劉純1388年
神応経1巻劉瑾編1425年刊
普濟方‧鍼灸朱梓1403~1424年
奇効良方董宿1473年
徐氏鍼灸捷法大全6巻徐鳳撰16世紀初刊
鍼灸節要聚英7巻高武撰1537年刊
古今医統大全100巻徐春甫撰1564年ころ刊
医学綱目40巻楼英撰1396年成、1565年刊
鍼灸集書2巻楊珣1502~1521年間
鍼灸指南集不分巻1冊作者不詳江戸前期ごろ
医学入門7巻1571年成、1580年刊
鍼灸大成10巻靳賢撰1601年刊
黄帝内経霊枢註証発微9巻馬蒔撰注1588年刊
東医宝鑑23巻許浚撰1611年成
鍼方六集6巻呉崑撰1618 年刊
循経考穴編厳振撰17世紀末成
張氏類経32巻張介賓撰注1624年刊
類経図翼11巻張介賓撰1624年成
十四経絡発揮鈔10巻9冊谷村玄仙著1661年刊
選鍼三要集不分巻1冊杉山和一撰17世紀末成
療治之大概集不分巻1冊杉山和一撰17世紀末成
鍼灸抜粋3巻5冊著者未詳1676年刊
鍼道秘訣集2巻著者未詳1685年
鍼灸要法6巻岩田利斎撰1686年刊
臓腑経絡詳解5巻付録1巻岡本一抱撰1690年刊
鍼灸枢要20巻山本玄通撰1676年刊
鍼灸秘萃全3巻和田養安1692年
十四経絡発揮和解6巻岡本一抱1693年刊
経穴機要不分巻1冊著者不祥17世紀末成、1695刊
鍼灸抜萃大成3巻7冊岡本一抱1699年成
医学至要鈔2巻岡本一抱1699年刊
経脈図説4巻7冊夏井透玄1688年成
和漢三才図会105巻寺島良安撰1713年刊
経穴密語集3巻岡本一抱1715年刊
鍼灸重宝記不分巻1冊本郷正豊1718年
兪穴弁解2巻村上宗占撰1742年成
御纂医宗金鑑90巻呉謙等編1742年刊
経絡発明不分巻1冊菊池玄蔵撰1753年刊
挨穴捷径不分巻杉原養倫撰1761年刊
腧穴折衷2巻1冊安井元越撰1764年
鍼灸則不分巻1冊菅沼周桂1767年刊
鍼灸極秘伝不分巻1冊木村太沖1780年
経脈図攷4巻陳恵疇撰1838年成書
兪穴捷径不分巻小坂元祐撰1793年刊
経穴彙解8巻原南陽撰1803年成
鍼灸逢源6巻李学川撰1817年成、1822年刊
経穴指掌2巻1冊高田玄達1807年刊
十四経発揮箋註3巻2冊衡山幸珉撰1806年刊
経穴籑要 5巻小阪元祐1810年刊
鍼灸説約不分巻1冊石坂宗哲撰1812年刊
隧穴啓蒙梯謙子益1831年
困学穴法全1冊石塚汶上撰1835年刊
鍼灸指掌不分巻今村了庵1864年刊
勉学堂鍼灸集成4巻編者不祥18世紀末
黄帝明堂経輯校1冊黄龍祥輯校1988年刊
経穴調査委員報告書1冊文部省1918年

 

ttp://point.umin.jp/siryo/webtext/index.htm

 

しかもお灸だったり鍼だったりで取穴も違ってきます。

だから効果を出すのも簡単ではありません。

では、なぜ世の中にたくさん◯◯の症状には◯◯のツボって書いてあるのでしょうか?

そういう書籍はほとんど専門家向けの書籍を扱っていない。一般誌が多い。
鍼灸や漢方などの専門家向けの出版社がもしこういう「◯◯にはここのツボが良い」と書いた書籍を発売したら大炎上するかもしれません。

月刊 医道の日本|医道の日本社
鍼灸専門誌「医道の日本」の発行とともに、東洋医学・鍼灸医学を中核とした医学関連書籍を出版、さらに、鍼灸医学関連の医療器具商品の販売なども行っている医道の日本社の月刊 医道の日本のご紹介です。
『中医臨床』

中医臨床はわたしも何度か症例検討で掲載されました。

 

鍼灸師が症状に対して使用するツボを選択する手順

四診合算(ししんがっさん)と言って、(見る・聞く・問う・触る)の4つのテクニックを利用して診断します。

そして得られたデータを弁証論治(べんしょうろんち)と言って、矛盾が無いようにデータ処理をします。

こういう東洋医学独特のフィルターを通してツボを選択します。

 

こういうことから、一般の方が単純にツボを押して改善する確率は低くなります。

継続的に押しても使用するツボが間違っていたら、ほとんど効果ナシです。


症状に合うツボを適切に取穴して、適切な刺激量をツボに与えなければいけません。
けっこう大変でしょ?
通院している鍼灸院や鍼灸師の知人がいるなら、四診合算をしてもらって適切なツボを聞くと良いでしょう。

 

そしたらきっとツボ押しの効果はぐっと高くなります。

 

結論

ツボを押して症状改善!!的な書籍に書いてあるツボを押してもほとんど効果はありません。

はりきゅう知恵袋解決済み

おすすめ記事

便秘に悩んでいる人は多いですね。漢方薬で便秘が治ります。くわしくはこちらをご覧ください。>>防風通聖散の効果はあるよ!痩せない理由や副作用を漢方医に学んだ鍼灸師が解説

防風通聖散は効果ない?痩せない理由や副作用を漢方医に学んだ鍼灸師が比較
防風通聖散で患者さんが痩せました。体質を確認してオススメしました。痩せない人もいる中でどうやって効果がでたのでしょうか? くわしく説明します。
タイトルとURLをコピーしました