整形外科に通っていたが五十肩が5か月間改善されず鍼灸治療

記事はお役に立ちましたか?シェアは以下のボタンからどうぞ!

スポンサーリンク
五十肩 鍼灸治療

Q:何が決めてとなって、「あんさんぶる治療院」に来店されたのですか?

整形外科に通っていたが症状が改善されなかったので

Q:「あんさんぶる治療院」に来店する前は、どんなことで悩んでいましたか?

数ヶ月間五十肩の痛みで悩んでいた

Q:実際に「あんさんぶる治療院」の施術を受けられていかがですか?

鍼灸施術は初めてだったが抵抗なく受けられた。痛みが軽減され血行も良くなっている体の状態を丁寧に教えてくれて分かりやすい

Q:同じような症状で苦しんでいる患者さんへのアドバイスやメッセージをお願いします。

私のように五十肩で悩んでいる方や血行不良の方などにオススメです。

女性50代主婦


 

整形外科に通っていたが5か月間改善されず、鍼灸治療を受けに来院されました。本人もおっしゃっていましたが、五十肩になる3ヶ月前に左足首を捻挫して、松葉杖を使用していたとのこと。その後から左肩のコリや痛みを自覚するようになってきた。

五十肩以外に、

  • 手足の冷え
  • 首や肩のこり
  • 左腕のしびれ
  • 頭が重くめまいがしやすい
  • ゲップが出やすく喉が渇く
  • 便秘しやすい

体のバランス

  • 右に傾けやすく
  • 右に捻りやすい
  • 股関節は左が開きやすい

 

初回

3箇所への鍼治療で終了。患部は使わない。自宅でできるセルフケアをお伝えして一週間後に来院。

五十肩のセルフケアとして、ローテーターカフ(肩回旋腱板)を動かすためのトレーニングをチューブを使ったり、お風呂場で行ったりするように伝えています。

2回目

治療後重だるい感じがしたが、今は大丈夫。

左肩の引き連れてる感じはある。

鍼灸治療は3箇所に針をして終了患部は使わない。

3回目

4日後に来院

左肩の調子はよく、首のこりなどを感じるようになってきた。

鍼灸治療は2箇所に針をして終了。患部は使わない。

4回目

左肩はかなりいい

しかし、部屋の掃除をかなり大掛かりにやり、右手の人差し指がパンパンに腫れた。整形外科でレントゲンを撮ったが問題はなし。

針治療は2箇所に針をして終了。右の人差し指は、右の手首の動きが悪くなっていたのでテーピングで固定。

5回目

左の肩はほとんどいい感じ。

右の人差し指は良くなったが、今度は右の親指の付け根が痛い。

鍼灸治療は4箇所に針をして終了。

このように左の五十肩は本人もあまり気にならなくなり、右の手首の治療をメインにして行くことになりました。現在も月に1度程度のメンテナンスで。来院中。

スポンサーリンク
広告
広告

記事はお役に立ちましたか?シェアは以下のボタンからどうぞ!

ブログの更新情報はこちらで配信中

スポンサーリンク
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です