自律神経失調症からくる眼精疲労、肩こり、体のゆがみで来院した30代男性の一症例

自律神経失調症からくる眼精疲労、肩こり、体のゆがみで来院した30代男性の一症例
スポンサーリンク

Q:何が決めてとなって、「あんさんぶる治療院」に来店されたのですか?

独自の施術法を行っていたため。

Q:「あんさんぶる治療院」に来店する前は、どんなことで悩んでいましたか?

眼性疲労・肩こり・身体のゆがみ

Q:実際に「あんさんぶる治療院」の施術を受けられていかがですか?

生まれかわったかのように体が楽に動かせるようになりました。 同時に心も軽くなり前向きになれました。

Q:同じような症状で苦しんでいる患者さんへのアドバイスやメッセージをお願いします。

普段から身体の変化にびんかんな方は効果をすぐに実感できると思います。

試してみるのが一番です。

お名前

性別 男

スポーツ マラソン・ジム

年齢 30代

職業 グラフィックデザイナー

スポンサーリンク

自律神経失調症からくる眼精疲労、肩こり、体のゆがみで来院した30代男性の一症例

不定愁訴がかなり多く、

眼精疲労、肩こり、体のゆがみ以外に、

頭が重い、ガスがよく出る、下腹部痛、口内炎ができやすい、手足腰腹の冷え、首コリ、冷え性、下痢しやすい、手のひらに汗をかく、尿が漏れる、左耳鳴り

自律神経失調症からくる眼精疲労、肩こり、体のゆがみの整体治療的なチェック

右に傾きやすく、左にねじれやすい、股関節は右が広がらない

自律神経失調症からくる眼精疲労、肩こり、体のゆがみを鍼灸治療的に診断

脈:沈、弦、右尺(ー)、寸(+)

舌:淡紅、黄苔、やや燥

自律神経失調症からくる眼精疲労、肩こり、体のゆがみの整体鍼灸治療

1回目

大椎

右陽陵泉

整体治療で体幹の調整


2回目5日後来院

バランスに変化あり。右傾き、右にねじりやすい、股関節は右が開かない

大椎

整体治療で右股関節調整

右太谿

右陽陵泉

2回の治療で、かなり症状が好転したので、月一度の来院でも可と伝える。


3回目30日後来院

なんとなくダルい感じがある

大椎

右陽陵泉

整体治療で体幹の調整


4回目30日後来院

大椎

右陽陵泉

整体治療で体幹の調整

自律神経失調症からくる眼精疲労、肩こり、体のゆがみの考察

かなりマジメな性格の男性です。

不定愁訴が色々ありますが、東洋医学目線でみるといくつかに分類できます。

  • 頭が重い、耳鳴り、首肩コリ、口内炎、脈寸口が強い、弦脈、黄苔→熱が上に偏っている。
  • 冷え性、下痢、脈尺が弱い→熱が上にあり、下半身は熱不足
  • ガスがたまる、弦脈、下腹部痛→気の停滞

五臓に当てはめて細分化もできますが、気が弱り停滞することで、熱が上下で分離しているような状況でした。

体の理想は頭寒足熱。しかし、地球上では頭熱足寒になりやすいです。

  • 昔のお風呂は沸かすと上だけ熱く、下が冷たい。
  • 熱気球は熱することで上がる。

人は気がめぐることで頭寒足熱をキープしますが、気の不足や停滞により、それができなくなります。

その結果、不定愁訴が増えてマッサージや整体では治らなくなります。

気を巡らせることを第一目標として施術しました。

それが見事にアプローチできた一症例になったと思います。

ちなみに、この男性は東洋医学に興味を持ち鍼灸学校に入学されました。私も前職で体を壊しことをキッカケに鍼灸学校に入りました。

体のケアは最終的に自分自身でできるのが大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました