両肩のハリと両腕(肘から手先にかけてのしびれ)【介護職】で緊張状態が多く力を抜けなかった一症例

両肩のハリと両腕(肘から手先にかけてのしびれ)【介護職】で緊張状態が多く力を抜けなかった一症例
スポンサーリンク

Q:「あんさんぶる治療院」に来店する前は、どんなことで悩んでいましたか?

肩腰のハリ 両腕(肘から手先にかけてのしびれ)

Q:「あんさんぶる治療院」を知ってすぐに来店しましたか? しなかったとしたらなぜですか?

すぐ、来店した。

Q:何が決めてとなって、「あんさんぶる治療院」に来店されたのですか?

駅からのアクセス・よく行く場所が近くにあった為。

Q:実際に「あんさんぶる治療院」の施術を受けられていかがですか?

体がスッキリして重みがとれました。また姿勢や歩幅など意識的に生活上、動改善にもつながりました。

Q: 同じような症状で苦しんでいる患者さんへのアドバイスやメッセージをお願いします。

福祉の仕事をしていますが移乗、運転等、動作のみながら精神的緊張もあります。

しかし睡眠や生活など改善することで一日の始まりが楽に緊張が少なく過ごせるようになりました。

気持ちの面でもスッキリさせていたたました。

お名前

性別 男

スポーツ バスケット・ダンス

年齢 30代

職業 介護職

スポンサーリンク

両肩のハリと両腕(肘から手先にかけてのしびれ)【介護職】で緊張状態が多く力を抜けなかった一症例

両肩のハリと両腕(肘から手先にかけてのしびれ)【介護職】で緊張状態が多く力を抜けなかった一症例

デイサービスで責任あるポジションにいる30代男性です。

慢性的な人手不足で何でもします。運転・デスクワーク・現場での仕事。

そのせいか1年前から特に肩こり腰痛などがひどくなり、ここ最近は手のしびれを感じるようになり、来院されました。

両肩のハリと両腕(肘から手先にかけてのしびれ)を整体治療的な検査

右に傾けやすく右にねじれている。股関節は右が開かない。

左肩挙げにくい。

そのほか、夜は目覚めやすい。頭が重い。首肩以外に腰痛もある。疲れやすく、寝汗が多い。

両肩のハリと両腕(肘から手先にかけてのしびれ)の整体治療

体のバランスをとることを目的に施術。

股関節と首前のセルフケア。立ち方指導をおこないました。


2回目3週間後来院

うでのしびれ(肘から下)両方あるが右がとくに強い。

体のバランスが右に傾き左にねじりやすい状態。股関節は右が開かない。

整体治療でバランスをとりながら施術。

セルフケアとして、仕事のとき、重いものを持つときなどの体幹の使い方。しびれの原因になっている首の調整のため、ツボ治療を指導。


3回目に来院されたのが、約7ヶ月後。だんだん疲れてきたとのこと。

しびれや肩のハリは前回後ずいぶん楽になったので空いてしまったとのこと。

両肩のハリと両腕(肘から手先にかけてのしびれ)の考察

今回の男性患者さんもそうですが、介護職の方はみなさん無理をしていて、肩こり腰痛は当たり前という状態です。

今回の患者さんは、筋トレもしているので筋肉はあるのですが、バランスがよくありませんでした。

とくに利き腕でもある右腕の使い方が悪いです。

一般的な人より、右に傾きが強く右肩が引っ張られています。それにもかかわらず、右腕を使うことが多く痛みやしびれになっていたと思われます。

施術のポイントとして、右傾きを徹底的になくすことと、右腕~肩の疲労をとることをおこないました。

もともと筋肉がある方だったので、一度バランスを整えると体調が長持ちしたと考えられます。

※ほとんどの場合、3週間もすれば何かしらバランスのくずれが出てくることが多いです。

腕のしびれや肩のハリでお悩みならお気軽にご相談ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました